Kis-My-Ft2・玉森裕太、走りのフォームがダサくて2連敗



7/6(月)放送の「キスマイBUSAIKU!?」(フジテレビ系)。



人気コーナー「キスマイBUSAIKU!?ランキング」。



キスマイ7人がテーマに合わせて「自身のカッコいい瞬間」の映像を撮影。撮り方や台詞など演出は全て自己プロデュースします。



この映像をキスマイファン以外の20~30代の女性100人がランキング付けして1位~7位までのランキングを発表します。



今回のテーマは「部活のマネージャーに愛の告白」。



陸上競技場にマネージャーを呼び出し、練習に付き合ってもらいます。そして、110mハードル走に挑戦した後にずっと好きだった想いを告白する流れです。



カッコいいハードルの跳び方、タイムと合わせてマネージャーをキュンとさせられるかがポイントとなります。



前回の100m走ではフォームがカッコ悪いと最下位になってしまった玉森裕太くん。



「フォームは捨てました。愛の告白に生きようと思う」と言っていましたが、玉ちゃんは果たして何位になるでしょうか?



まずは3位から。



3位は藤ヶ谷太輔くん。



ハードルの跳び方は変わっていましたが、コンパクトでリズムのいい跳び方でタイムは20秒72でした。



終わった後に「急に練習に付き合ってくれる優しいところがすごく好き。こんな僕でよかったら付き合ってください」と告白しました。



コメントも「一緒に成長したい」、「練習付き合いたくなる」、「跳び方編だけど真剣さにキュン」と高評価でした。



2位は二階堂高嗣くん。



ハードルの跳び方はフォームもよく力強い走りでタイムは20秒26でした。



終わった後に「最後の(ハードルは)倒しちゃったけど、マイコが倒れそうになったら俺が隣で支えるから、俺が倒れそうになったら隣で支えて欲しい」と告白しました。



コメントも「プロポーズみたい」、「ハードルも告白もイイ」、「倒れても爽やかな走り」と高評価でした。



続いては4位から。



4位は千賀健永くん。ハードルの跳び方はゲームキャラクターのマリオのような跳び方でタイムは21秒49でした。



終わった後に「マイコの中の高い恋のハードル越えてた?これからは一緒に走ってください」と告白しました。



コメントも「普通に好きって言って欲しい」、「下手なのにクサいこと言わないで」、「跳び方がバレリーナ」と評価が下がってしまいました。



5位は横尾渉くん。



ハードルの跳び方はヨタヨタとしていて途中足をくじいたようなフォームになりタイムは21秒79でした。



終わった後に「俺と一緒に毎日帰って欲しい。部活仲間としてじゃなくて彼氏彼女として付き合ってください」と告白しました。



コメントも「貧弱男子はムリ」、「体力なさすぎ」、「跳び方がアンガールズみたい」と評価が下がってしまいました。



6位は宮田俊哉くん。



ハードルの跳び方は重たそうでタイムは23秒19でした。



終わった後に倒れ込んで「好きだ!」と叫び、「今はこの80cmのハードルしか越えられないけどマイコと一緒だったらエベレストも越えられる気がするから付き合ってください」と告白しました。



コメントも「サブい告白」、「登山者に謝って」、「走りも跳び方もオッサン」と評価が下がってしまいました。



7位は玉森裕太くん。



ハードルの跳び方はナヨナヨとしたフォームとなりタイムは24秒49でした。



終わった後に「マイコとの陸上生活を思い返しながら走ったら全然集中できなかった。でも記録なんてどうでもいい。これからは記録より記憶をマイコと残していきたい。だから俺と付き合って」と告白しました。



コメントも「ダサい記憶しか残らない」、「説得力ゼロ」、「アイドルとは思えないダサすぎる跳び方」と評価が下がってしまいました。



そして今回の1位は北山宏光くん。



ハードルの跳び方は体がブレないお手本のようなフォームでタイムは19秒59でした。



終わった後に「俺マイコと友達やめる。友達じゃなくて今から彼女になってください」と告白しました。



コメントも「ツンデレやばい」、「あの走り見たら惚れる」、「青春が詰まった理想のハードル&告白」と高評価でした。



ここで何と玉ちゃんは今期の最下位の数がトップになったそうです。



みやっちが「めっちゃ嬉しい!もっと(ブサイクシールが)つけばいいのに」と言いました。



玉ちゃんは「うるせぇよ、お前!」と言い返していました。



次回のBUSAIKUランキングのテーマは「夏のプールで女友達を大胆な気持ちにさせる誘い方」だそうです。


カテゴリ