好感度俳優、大泉洋がまさかの撃沈!イケメン本郷奏多の潔癖すぎる素顔とは

好感度俳優、大泉洋がまさかの撃沈!イケメン本郷奏多の潔癖すぎる素顔とは

12月1日放送『ダウンタウンなう』


■ハシゴ酒史上最も豪華なお料理に…





ダウンタウンと坂上忍さんがゲストとお酒の席で赤裸々トークを展開する『ダウンタウンなう』の「本音でハシゴ酒」。12月1日放送のゲストは、大泉洋さんと本郷奏多さんをお迎えしてお送りしました。今回は、美食家!?の大泉さんのために、ハシゴ酒史上最も豪華なお料理が用意され…。


■これは爆笑なのか?撃沈なのか?





今回は、美食家の大泉洋さんのために、フグの薄つくり、キンキの煮付け、スッポンの唐揚げ、ズワイガニと、浜田さんが「やりすぎや!」というほどの豪華料理が登場。みんな食事に夢中で、大泉さんは「僕の話にいっさいならないんですけど」と困惑のスタート。やっとトークに入るも、フリップには「日本の宝!超人気俳優!大泉洋 華麗なる経歴」とあり、大泉さんは、半分バカにされてるんじゃないかと不審がります。案の定、坂上さんが「北海道のローカルバラエティー『水曜どうでしょう』の大ヒットをきっかけに、国民的な好感度俳優への道を上り詰め、さらに、大河ドラマ『龍馬伝』『真田丸』、朝ドラ『まれ』など、NHKに媚びを売り…」と紹介。大泉さんは「いやいやいや、来た仕事をやらせていただいてるだけ」と即座に否定しますが、「本当に戦略家。金じゃなくて知名度から行った」と、坂上さんが引き下がらず、浜田さんも「NHK、そんなにギャラ高くないもんね」と加勢、さらには松本さんが「うち(ダウンタウン)もあんまりNHKとは折り合いが良くない」と悪ノリ!これには、大泉さんもたまらず「うちはもう、NHKとはズブズブですからね」と開き直り、笑いを誘いました。この後、歴代マネジャーからのタレコミが続きますが「北海道出身なのに寒がり」「現場に猫がいると怒る」「行く店がことごとく休み」…など、微妙なものばかりで、松本さんのコメントも「こんなにスベっている大泉君…」「この3、4年で一番おもろないよな」「俺、寒がりじゃないけど、今、寒いわ」「違う意味でおもろなってきた」と変化していくほどの撃沈ムードに。結局、“スター俳優”と持ち上げられただけで終わってしまったのでは?と心配する大泉さん。最後には「いろいろ考えて仕事してきた中で、何年かぶりに間違えたオファーでしたよ」と、やさぐれますが、それを聞いた松本さんから「それを言うなら『こちらこそ!』」と言われ、畳を叩いて悔しがり、最後の最後まで撮れ高を心配していました。


■本郷奏多「性欲なんて無駄な感情」





クールなイメージのイケメン俳優、本郷奏多さんは、かなりの“こじらせ”男子。エレベーターのボタンを、スマホの角で押す(のちに除菌シートで拭く)というほどの超潔癖症で、本郷さんの唯一の友達だという神木隆之介さんから「奏多君の家で飲み物をこぼすと出禁になります。正直、かなり気をつけています」とのタレコミが。「確かに、飲み物とかこぼされたら、露骨に嫌な顔はすると思います」と語った本郷さん。「彼女ができたら手をつなぐのか?」という質問にも、首をかしげながら「本当に好きな人だったら…」と迷うほど。実際に、全く彼女を作る気がないそうで、「(俳優は)人気商売だと思うので、彼女を作ることによって生まれるメリットよりもデメリットの方が多いと思う。それを天秤にかけると、作る意味ってないんじゃないか」と持論を展開。松本さんから「そもそも性欲みたいなものは、あんまりないのかな?」と聞かれると、「性欲なんて、何も生み出さない無駄な感情じゃないですか」と即答し、「え~っ」「マジで言うてんの?」と、一同に驚かれていました。本郷さんは、「おそらく、結婚するときまでは彼女を作らない」と語り、松本さんからの「SかMか?」の問いにも「う~ん、Sではないと思います。めんどくさいというか…」と、どこまでもマイペース。撮影現場では、人に気を使われて話をするのが申し訳ないので、それならば人目につかないところにいようと、いつもひとりぼっちで、最近主演を務めたドラマでは「気づいたら、僕以外のメンバーでLINEのグループができていたことがあって…すごいショックでした」と明かしていました。





■番組情報


『ダウンタウンなう』


<放送>



12月1日(金) 21時55分~22時52分


<出演>



【MC】



ダウンタウン(浜田雅功 松本人志)


【お店案内人】



坂上忍


【飲み仲間】



夏菜


【ゲスト】



大泉洋

本郷奏多


カテゴリ