「返すの面倒」男性がつい既読スルーしちゃう女子からのLINEとは

「返すの面倒」男性がつい既読スルーしちゃう女子からのLINEとは

好きな人はなんだかLINEの返事が遅い……。ところが、Twitterを見るとほかの女子と彼がこまめなやりとりをしている!なんて経験、ありませんか?忙しいわけでもないのに、なぜ既読スルーされてしまうの?「男性が既読スルーしたくなるLINE」について聞いてみました。



逃げ道のない誘いはキツい


「申し訳ないけど既読スルーしかない」。こう思われがちな女子からのLINEに「逃げ道のない、強引な誘い」というのがあります。基本的には誘いを断られて、代案の提示がない時、相手の真意は「行きたくない」ということ。


そこで「じゃあこの日は?」と何度も食い下がられると返事を返すのが面倒になり、「最悪、ブロックしかないか」なんてことも。「断ってくれれば気にしないのに」と思っていても、LINEの既読機能と乗り気じゃない誘いの組み合わせは、人によってはかなりの負担になることがあります。絶対に既読をつけないようにしよう!なんて思われることのないように!


無意味な自撮りはコメントしにくい


LINEの会話の内容に関係ない無意味な自撮り


可愛いねって言えば満足かもしれないけど……。正直反応に困るというのが、会話の内容に関係ない「無意味な自撮り」。送られたセルフィに対してどんな反応を返してもいいのであればいいですが、付き合っているわけでもない間柄では「可愛いコでもコメントに困る」という男性の声をよく聞きます。


セルフィーはねだられない限り送らないのが吉です。どうしても可愛く撮れたものを見せたい場合は、送り付けるのではなくLINEのアイコンに設定するほうが好評です。


振った話題をスルーしないで


彼がせっかくLINEに「最近はこういうのに興味があって」とか「この前読んだ本がさ」など、彼を知るヒントを投下してきてくれているのに「ふーん、そうなんだ」なんてスルーしていませんか?振った話題はスルーするくせに、LINEのやりとりはいつまでも続けたがる……そんな女子は「面倒くさいなあ」と思われてしまうもの。


自転車、カメラなど、男性の振ってくる話題は女子にとっては分かりにくいものも多く、コメントしづらいこともあります。でも、「その話題には乗りたくないけど返事は欲しい」というのもわがままな話です。分からないなら「教えて!」でもいいので、彼の発言を拾う努力を。


質問攻めは仲良くない証拠


質問LINEというのは受け取った人にしてみると案外つまらないもの


彼のことをよく知りたいし、質問なら返事があるはず……なのに、既読スルーされるのはどうして?質問LINEというのは受け取った人にしてみると案外つまらないもののようです。「返事をもらうのが目的なコは、答えても『ふーん、そう』ってまた違う質問をしてくる」「質問ばかりのコって何がしたいのかわからないし、会話が広がらなくてつまらない」という声も。


質問をたくさんする仲=その人のことをよく知らない=仲良くない、ってことでもあります。仲良くなろうと繰り出す質問も、使い方を間違うとかえって距離感を感じさせてしまうかも。彼が質問に答えてくれたらそこから話を広げる努力をしないと「このコとのLINEは面倒くさい」と思われてしまいますよ。


つい既読スルーしたくなるLINEとは、つまりは「面倒くさい」「返しづらい」ということ。好きな女子からなら何でもワクワクで即レス!ともいかないようです。「彼が返信したくなるLINE」「深く考えずに気楽に返せるLINE」ってどんなのか、考えてみるといいのでは?(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ