元カノに未練ある男性を自分だけに夢中にさせる4つの会話テク

元カノに未練ある男性を自分だけに夢中にさせる4つの会話テク

いいな、と思った男性が現れても、その男性が元カノをずっと想っていることを知ったら・・・とてもショックですよね。今回は、そんな男性でもあなたのとりこにさせてしまう会話テクを4つ紹介します。



①その彼女との思い出話をトコトン聞く


意中の男性が元カノへの未練を抱えていたら、その彼女との思い出話をトコトン聞きましょう。それによって、あなたが次の彼女の候補になる確率がグンとアップします。


なぜなら、未練を抱える男性は本当は「過去を克服したい」と思っているからです。あなたが話を懸命に聞いてあげることで、あなたはカレが自分の気持ちの整理をするサポート役になれるのです。モヤモヤした気持ちは人に話すとスッキリしますよね。カレの中で話を聞いてくれたあなたの重要度は確実に上がります。


さらに効果があるのは、こんな質問をしながら話を聞くことです。


「元カノのどこが好きだったの?」

「元カノがあなたにどんな良い影響を与えてくれた?」


こんな質問の答えを考えることで、カレは自己分析を始めます。自己分析をしている時、人はおのずと前向きな気持ちになります。そして、新しい恋への抵抗が少なくなります。そんな気持ちにされてくれたあなたを特別視するようになる可能性も十分にあります。


好きなカレの過去の話なんて聞きたくない、と思わず、勇気を出して聞き役に徹底してみましょう。


②あえて「過去の恋に悩む○○くんはカッコイイ」と言う


あなたの好きな男性が元カノへの未練に縛られているようだったら、あえて「過去の恋に悩む○○くんはカッコイイ」というようなセリフを言ってみて下さい。これでカレの気持ちが元カノからあなたに向くようになることがあるのです。なぜカッコイイかが伝わるように、


「自分が傷つくって分かってて相手を解放したんだよね。カッコイイな」

「その時最善の大きな決断をしたんだね。覚悟を決めれる○○くんて男らしい」


みたいにアレンジしてみて下さい。


元カノに未練があるとき、男性は「幸せにしてやれなかった=男としてダメ」という構図を脳内で描いている場合があります。このように自尊心の欠如を感じている時、そんな自分をあえてカッコイイと言ってくれる女性が現れたら、気になってしまうこと間違いなしです。


カレが悩んでいる状況だからこそ、カレへの励ましになる言葉で惹きつけましょう。


③別れがカレのためになった理由を伝える


元カノへの未練がある男性を好きになってしまった時、別れがカレのためになった理由を伝えてみましょう。カレは元カノを忘れ、別れのプラスの意味を気付かせてくれたあなたが気になるようになる可能性があります。


たとえばこのようなセリフを言ってみましょう。


「自分が一番大切にしたいものに気づけたんじゃない?」

「その経験、後輩への恋愛アドバイスに生かせそう!」


未練ある男性は別れのマイナス面しか見えない状態に陥っています。そこで、「別れで得たものもある」という説明をするのです。カレはネガティブな思いから解放され、一歩前進させてくれたあなたをこれからも頼りたいと思うはずです。


この時、なるべく元彼女を悪者にしないようにしましょう。一度はカレが愛した女性なので、カレにとっては自分自身を否定されたのと同じと感じる場合があります。「お互い自分らしくいようとした結果、すれ違いが起きるようになってきたんだよね」というニュートラルな表現なら大丈夫です。


カレに別れのプラス面を伝え、あなたといるとポジティブになれると気付かせましょう。


④ファッション、趣味、仕事、生き方などカレの全てを褒める


元カノに未練ある男性を振り向かせるには、ファッション、趣味、仕事、生き方などカレの全てを褒めるのが効果的です。「こんなに全てのチョイスのセンスいい人いない!」みたいに「全肯定」が基本です。これで、カレはあなたを元カノ以上の重要人物とみなすようになります。


なぜ元カノの思い出に縛られるのか、その理由を考えてみて下さい。当時、カレは愛されている自信や魅力ある女性のカレシであったことによる自己肯定感で満たされていたはずです。それらがなくなってしまい、輝いていた過去に執着してしまうのです。


そこでカレに、これからもあなたは輝ける、私が保証する、と強く主張したいところです。そんなニュアンスを込めて、カレを全肯定する褒め言葉をかけるのです。


自分を全肯定してくれる女性に、男性は相性の良さを感じます。元カノではなくあなたこそ運命の女性だった、と気付かせましょう。


おわりに


いかがでしたでしょうか。元カノを忘れられない男性であっても、あなたの方がカレを幸せにできることを証明できれば自分のものになると思いませんか?あきらめずに、今回紹介したテクニックでカレの心を揺さぶってみてください。

(ちりゅうすずか/ライター)(愛カツ編集部)


カテゴリ