いぬやしき 第9話「新宿の人たち」 放送ギリギリ?な展開に鳥肌!【感想コラム】

いぬやしき 第9話「新宿の人たち」 放送ギリギリ?な展開に鳥肌!【感想コラム】

この回を含めてあと3話らしいです。

早いものですね。早く先が観たい一方で、3話で最後までまとめられるのか?

そういう意味でもドキドキしてきます。


なんて心配をしても仕方ないので、第9話のレビューをしていきましょう。


Contents

1 獅子神ガールズ爆誕2 新宿が血と恐怖で染まる3 安堂 直行VS獅子神 皓4 墜落する飛行機
■獅子神ガールズ爆誕

前回の特殊部隊全滅事件がTVで報じられます。

信じられないけど、報道陣の前で起こった事実。世間の話題も小惑星からヒロに戻ってしまいました。


ヒロは犯罪者ですが、ここまで派手にやってしまうと信者もつくようです。

獅子神ガールズを名乗る女性たちが、ファンサイトを作ったり聖地巡礼をしたり、違った意味でも注目されています。


政府は殺害もやむなしと会見で発表し、犬屋敷 壱郎もヒロを探すけれど見つからず……。


という状況の中、ヒロがさらなる行動に移ります。


■新宿が血と恐怖で染まる


新宿の街中にあるモニターをジャック。


「この国を滅ぼすことにしました」


国民全員を殺す宣言をし、宣戦布告します。


2ちゃんねる回で見せた通り、ヒロは画面越しから撃つことも出来ます。

馬鹿にする人々、ヒロを持ち上げる人々、関係なく無差別に射殺。


「あ、もっしー? 今新宿」なんてスマホで電話に出れば、画面から射殺。

男も女も関係なく殺されていき、新宿は大パニックに!


これだけでも衝撃的な回ですが、やばいのはここからです。


■安堂 直行VS獅子神 皓

某有名人が元ネタの男性は、生放送中の番組内でヒロと通話します。


「世間は……日本はお前を絶対許さんぞ」


そう言う男性もスマホ越しに射殺。殺害シーンが放送されてしまいます。

それを観た人々は、狙撃じゃない!とさらなるパニックに。


と、ここで動いたのは直行です。

壱郎の力を使い、新宿の人たちのスマホをハッキング。


「スマホは捨ててください!」


とヒロの攻撃方法を暴き、メッセージを流します。

人々はスマホを捨て始めますが、


「スマホ捨てても無駄だから」


今度は街中のモニターから連射。

30分で100人が殺されてしまいました。そして、明日からは1000人殺すと宣言します。


■墜落する飛行機

画像引用元:© 奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会


ヒロは直行の声に気付き、唯一の敵が幼馴染であることを知ります。

それでも直行を殺しに行かない辺り、内心では悲しく思っているのかもしれません。


ネットでは、スマホのハッキングと病気を治癒した謎の人物を結びつけ、ヒーローがいると言う人々も。

一方ヒロは、日本を消したらハワイで暮らそうとしおんに声をかけ、悲しい顔で拒否されます。

もう人を殺すのはやめて――訴えかけるしおんですが、ヒロは止まりません。


しおんのためにやっているところもある分、厄介です。


翌日。なんとヒロは飛行機を操り、東京の街中に墜落させるのでした。


 


大量虐殺だけでなく、飛行機を落とすシーンまでやるとは……。

不謹慎と言われかねないシーンですが、変更せず原作のまま描いてくれたのはよかったです。


犬屋敷 壱郎&安堂 直行VS獅子神 皓の行方は?

幼馴染とは敵のままなのか。

そして、飛行機が落ちる中、都庁にいた娘の麻理は?


残り2話。

見逃せない怒涛の展開に期待です。


いぬやしき 感想コラムのまとめ

2017.10.29

(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ