『民衆の敵』第8話「これが政治!?ドンの逆襲!!やられたらやり返す」

『民衆の敵』第8話「これが政治!?ドンの逆襲!!やられたらやり返す」

12月11日(月)放送 あらすじ


■『民衆の敵』第8話





佐藤智子(篠原涼子)が犬崎和久(古田新太)に対しておこなったクーデターは大成功をおさめたかに思えた。智子への市民の人気も高まったからだ。智子は平田和美(石田ゆり子)の協力のもと、自ら秘書選定などを進める。しかし、犬崎の壁は厚かった…。



それはまず、市役所職員の仕事放棄から始まる。窓口業務以外の職員が仕事をボイコット。犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が精神的に不安定だという風評を記者に流して人気失墜を企てる。





犬崎は派閥の幹部らを事務所に集め、智子を落とすためにはもう一押しだと、げきを飛ばした。そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)が智子から副市長就任の打診があったと明かす。誠は自分が副市長になれば今の市政の混乱を解決できると犬崎に突きつける。



事務所を出た誠を小出未亜(前田敦子)が追いかけてきた。未亜は誠に副市長になるのかと聞く。だが、誠はそのつもりはないと言う。さらに、市長の味方なのか?との未亜の質問に、誠は民衆の味方だと答えた。



役所職員のボイコットに手詰まりを覚えた智子は新人研修室へ向かう。





園田龍太郎(斎藤司)が職員に土下座してみては? などと智子に話していると、未亜が智子の『幸せになりましょう』という政策が漠然としていてよく分からないと言い出す。結局、全ての政策を犬崎に動いてもらっていたと思う智子は、地道に解決するしかないと部屋を出た。





そんな時、智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑が報道される。不倫相手は和美だ。公平が駿平(鳥越壮真)、あかね(野澤しおり)と家にいると、母の悦子(田島令子)が来た。悦子は記事が心配になったこともあるが、もともと公平が家事を担っていることが面白くない。悦子が公平に不満をぶつけていると、和美があかねを迎えに来る。和美は公平を擁護するが悦子は受け付けない。すると、和美はあかねを精子提供で授かったと明かす。新しい親子、家庭のあり方を話す和美だが、やはり悦子は理解できそうにはなかった。



その頃、智子は犬崎に呼び出されていた。犬崎は会見での智子の発言を撤回することを条件に和解を申し入れる。智子が否定すると、犬崎はリコールの署名を進めると言う。





智子は誠に相談。犬崎と和解するぐらいならリコールされた方がマシだと言う智子に、誠は不倫報道のことを尋ねる。すると、公平はあんなことぐらいで動揺しないと智子は答えた。そんな智子の市長室に、公平が報道陣たちを引き連れてやって来た。そして記者たちの質問に誠実に答え、公平はきっぱりと和美とは不倫の事実はないと打ち消す。





その頃、犬崎は次の手に出ていた。自身の後援会のパーティー会場に急遽、ニューポート建設反対派の住民を呼び寄せる。井上(菅原大吉)たち反対派は、反対派集会と言われて来ていた。騙されたことに怒る井上たちに、なんと犬崎は土下座して、まず強制執行の件を詫びる。そして、犬崎は情に訴える話から、ニューポート建設の意義に結びつけた。井上は帰ってしまうが、彼以外の反対派は犬崎の話に耳を傾けることに…。





未亜が会場から新人研修室に戻ると誠がいた。未亜は犬崎のイジメのようなやり方が許せないと話し出す。かつて未亜も学校でイジメに遭っていたのだ。そして、イジメからの脱却から政治家にたどり着いたという未亜は、智子にあって自分にないものは何かと誠に聞く。夫と子供、人生経験などと答える誠を遮って、未亜は研修室を飛び出した。





未亜は自分で答えを見つけていた。それは行動力。そして、未亜は智子のために役所の若い職員たちを集める。彼らは智子の市政方針に賛同していたのだ。未亜は犬崎派からの離脱を決意する。



そんな様子を見ていた誠は副市長就任の意思を智子に伝えた。



大いなる味方を得た智子は、犬崎にリコールは勝手にしろと宣戦布告する。


期間限定無料見逃し配信はこちらから


■番組情報


『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』


<放送日時>



12月11日(月)21:00~21:54


<出演>



佐藤 智子…篠原 涼子

藤堂 誠…高橋 一生

犬崎 和久…古田 新太

小出 未亜…前田 敦子

岡本 遼…千葉 雄大

園田 龍太郎…斎藤 司(トレンディエンジェル)

若宮 寛…若旦那

望月 守…細田 善彦

莉子…今田 美桜



河原田 晶子…余 貴美子



富田 恭一…渡辺いっけい



前田 康…大澄 賢也

佐藤 公平…田中 圭

平田 和美…石田 ゆり子


カテゴリ