「脈ナシ」と感じがちだけど、意外と脈アリなLINEの特徴

「脈ナシ」と感じがちだけど、意外と脈アリなLINEの特徴

もはや恋のアプローチに欠かせないLINE――。好きな人からの返事の仕方に、恋の行方を判断している女性も多いのでは。それこそ素っ気ない返事だったり、返信が遅いと「脈ナシかな……?」と感じて、落ち込んでしまう女性も少なくないでしょう。


でも、好意を持っている相手に対しても、その時の状況によって、脈ナシのLINEを送ってしまうことってあるように思います。

今回は、脈ナシと感じがちだけど、意外と脈アリなLINEの特徴をご紹介します。



「わかった」というひと言


ちょっと素っ気ない感じがして、「脈ナシかな?」と判断してしまう女性も多いのでは。たしかに、一見愛想がないように思えますが。返事が即なら、彼はできるだけ早く答えようとしてくれているとも考えられます。


たとえばあなたがデート時に遅刻しそうになったときとか。ほかにも、彼が仕事中だったり、ほかのことで忙しく追われていたりなど。

その時の状況によって、「わかった」というひと言で返事が終わることもあるように思います。


彼がいつもそうした返事では、脈ナシの可能性が高そうですが。たまの返事なら、あまり落ち込まずに、そういう時もあると考えたほうが、恋をするのにストレスフリーかもしれません。


既読スルーする


よく脈ナシの判断のひとつに、既読スルーが挙げられますよね。でも、これも状況によっては、仕方のない場合もあるように思います。それこそ、彼が仕事中でゆっくりと返事を返せないときとか。

はたまた、ひと言で返事が返せるのならいいでしょうが。あなたのメッセージが長い場合は、ゆっくりと落ち着けるときに返事をしようと思っているのかもしれません。


既読スルーされたからといって、「私に興味ないんだ……」「ほかに好きな人ができたんじゃ……」と、マイナスに考えてしまうのは考えすぎかも? 「ゆっくりと返事を返す余裕がないだけ」と、気持ちを切り替えたほうが、精神的にいい恋ができると思います。


彼からの返事が遅いときは、スマホにべったりよりも、あなたも自分の時間を大切にしてみては。


返事を終わらせる


LINEが続くということは、それだけ相手に興味があるという裏返しだと思います。実際、好きな人とのLINEが弾んだら嬉しいですし、そうなってほしいと期待している女性も多いでしょう。

そのぶんLINEが弾まないと、脈ナシと判断してしまう女性も多いのでは?


でも、無理にLINEをしたところで、ちぐはぐになってしまうのも事実のはず。男性によってはあなたとの関係を考慮して、LINEの仕方を調節している可能性もあります。

気になる人だからこそ、無理にLINEをしたくない。ヘンに気を遣わせたくないと思っているのかも?


そのため、区切りのよいところでLINEを終わらすことも、ありうる話のように思えます。


おわりに


こうしてみてみると、世間一般的にいわれるLINEの脈ナシが、一概に当てはまらないことがわかるのでは。あまり脈ナシのLINEにとらわれず、その時の好きな人とのLINEを前向き楽しめるといいかもしれませんね。(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ