このドキドキをいつまでも♡ずっと新鮮な気持ちでいられるカップルの特徴

このドキドキをいつまでも♡ずっと新鮮な気持ちでいられるカップルの特徴

女性なら誰しも、いつまでも彼氏に対してドキドキしていたいと思うもの。でも、付き合いが長くなってくると、当初感じていたドキドキ感が薄れてきてしまうカップルが多いのかもしれませんね。


付き合いたてのドキドキ感を持続するために♡いつまでもラブラブなカップルに共通する特徴をご紹介しましょう。


特別感のあるデートを楽しむ


「僕たちは、ミステリーツアーならぬミステリーデートを数ヶ月に1回楽しんでいます。どちらかがデートプランを考えて、相手はどこに行くのか、何をするのかも知らないというもの。付き合いが長くなってくると、同じようなデートばかりでマンネリ化しがちだけど、こんな風にいつもとは違うデートをときどき楽しむことで、付き合いたてみたいなドキドキしたデートを楽しめます。」(29歳/自動車メーカー)


「少し遠出してプチ旅行気分を味わうデートをしています。日帰りでも、いつもの生活とは別の場所を訪れることで、道に迷ったり、普段は見れない彼女の素顔が見れたり、ドキドキする瞬間はけっこうあります。彼女と行きたい場所を考えるだけで、次の遠出デートが楽しみです!」(26歳/塾講師)


デートがマンネリ化してしまうと、気持ちもマンネリ化してしまいがち。付き合いたてのようなドキドキ感を持続させるために、特別なデートを心がけているカップルは多いですね。


デートが楽しみでドキドキする気持ちは、彼へのドキドキと脳が受け取るそう。新鮮な気持ちを持ち続けるためにも、デートに特別感を出すのは大切なことなのですね。


離れているときはあまり連絡をとらない


離れているときはあまり連絡をとらないカップルの方がマンネリになりにくい

「今の彼女は、離れているときはほとんど連絡をとらないタイプ。始めは連絡がないことが不安だったけど、今何してるのかなとか、連絡を取らない時間には彼女のことを考える時間も増えるし、連絡がないからこそ、次のデートが楽しみに思えるんです。」(24歳/教師)


「僕たちは、一人の時間を大切にすることで、新鮮な気持ちを忘れないようにしています。お互いの時間をしっかり持っているから、一緒にいる時間を楽しめるし、相手の大切さを認識できると思います。」(30歳/新聞記者)


会えない時間が適度にあることで、新鮮な気持ちを持ち続けられるという意見が多く聞かれました。恋人と過ごさない時間は、趣味や自分磨きに使っている人も多く、「いつまでもかわいくいたい」「かっこよく思われたい」と内面や外見に気を使うことで、お互いにドキドキ感を持続させているのでしょう。


いつまでも新鮮な気持ちを持ち続けるには、お互いにドキドキさせるための努力も必要です。ラブラブな先輩カップルに学びながら、いつまでも仲のよい二人を目指しましょう。

(愛カツ編集部)


カテゴリ