東京五輪ボラティア「おもてなし東京」の制服がダサすぎるとネットで酷評

2020年に開催予定の東京五輪のメイン会場、新国立競技場の計画見直しが現在話題となっています。


しかし同様に、東京五輪で外国人観光客を案内するために生まれたボランティアチーム「おもてなし東京」の制服も話題となっています。


「おもてなし東京」の制服は、期待の若手デザイナーを起用したそうで、青いベストとストライプのネクタイを着用しているように見える白地のポロシャツ。帽子の水玉のリボンは、日の丸のイメージしているそうです。








制服を見たデザイナーのドン小西さんは「日本を象徴する“カワイイ”を採り入れ、未来を感じさせる」と好意的であったものの、ネットでは酷評する声が多く見られます。







確かにどう言い訳しようとダサい。ネクタイも本物じゃなくプリントだという。









ダサい!ダサすぎる!絶対こんな腹着たくない。笑









しかし…何度見てもダサい。









うわあダサいといわれてる東京のおもてなし制服、マジダサい!









確かにダサい…一般公募でもすればもっといいものが作れると思うけどね…









どうやったらこういうデザインになるんだ?デザイナーさんのセンスって……









ドラえもんを国を上げて全面に押し出す意味…www









ダサいとか言ってホントはそんなことないでしょ?とか思って画像見たらダッセえええええええ









なんか、ひと昔前の田舎のデパートのエレベーターガールみたいwwwwww









スタイルがいい人が着れば…いややっぱダサいな…









これだから、舛添発進はろくなことがない。。。









舛添もだけど、デザイナーもセンスないな~








…と、多くの人には不評のようです。


実はこの制服、東京都知事の舛添要一氏が昨年に訪韓した際に、赤い制服のボランティアが外国人の道案内をしているのを見たのが、きっかけだとも言われています。








他国の二番煎じで、しかもデザインが微妙だというのが、酷評されている理由の一つのようです。


新国立競技場の計画見直しが決定されたように、「おもてなし東京」の制服にも見直しの可能性があるのか注目されています。


(担当・原田)

カテゴリ