そりゃモテない!恋愛フラグをへし折る女性の言動4つ

そりゃモテない!恋愛フラグをへし折る女性の言動4つ

こんにちは、恋愛コンサルタントの森野ひなたです。


「なんか恋愛に発展しないことが多くて……」そんなお悩みを持つ女性は、ひょっとしたら無意識に“恋愛フラグ”をバキバキに折っているかもしれません。そんなフラグクラッシャーは自覚がないことがほとんどです。逆に恋愛フラグを折りがちな言動を知っていたら、回避することができます。


そこで今回は“そりゃモテない!恋愛フラグをへし折る女性の言動4つ”をお送りします。



■1、「好みの男性は?」「NGなタイプは?」の回答


知り合いたての異性との会話でよくあるのが「好きなタイプは?」といった質問です。正直に質問に答えてしまっていませんか?もちろん、正直がダメなわけではないのですが、その回答が、相手に『オレは好みのタイプとぜんぜん違う』と思わせてしまうのならフラグをへし折る行為と言えます。


例えば、相手の男性が身長がやや低めなら、「背が高い人ってかっこいいって思っちゃう」のような発言です。


目に見えることなら、まだ気をつけることは容易ですが、見えないコトにも注意です。例えば、彼と彼の家族がある宗教を信仰していることを知らずに「宗教やってるとかはナシかな〜」と悪気なく言ってしまうなどです。


■2、余韻ゼロ!


楽しく喋っていても、解散するときに素早く立ち去っていませんか?「じゃあ、今日はありがとうね」と笑顔でいたとしても、背を向けたあとに余韻ゼロで後ろも振り向かず、さっさと立ち去ってしまったり、すぐにスマホチェックに夢中になっていると……「ぜんぜん名残惜しそうじゃない」と脈ナシを漂わせてしまいます。


■3、他の人も誘う


遊びの予定を立てるときに、「誰誘う?」「▲▲ちゃんも呼ぼうよ」と積極的に他の人に声をかけようとするのもフラグを折る言動です。相手は『オレと2人で会いたくないのか……』と感じ、まるで「あなたは恋愛対象外!」と宣言されているような気持ちになります。


これを何度かされてしまうと、あなたのことを恋愛的に「イイナ」と思っている人でも、友だちに収まってしまいます。


■4、質問しない


質問しないと相手は「オレに興味ないんだな」と思って追いかける気持ちがなくなる

相手があなたに色々質問をしてきているのに、相手に質問しないのはフラグを折っている可能性大です。相手の質問に一生懸命に答えているうち、自分ばかりが喋ってしまっていませんか?


あまり相手のことを知らない、質問してこなかったなら、相手は「オレに興味ないんだな」と思って追いかける気持ちがなくなることも。


いかがでしたか?


悪気なく無意識のうちに、恋の芽を摘み取ってしまっているかもしれません。


フラグクラッシャーになってしまっては、「いい雰囲気になっても恋に発展しない」なんて切ないことが増えてしまいます。そうならないよう、今回の記事をお役立ていただけたら幸いです。

(森野ひなた/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ