〇〇しないのがいい?対人関係のストレス を減らすコツとは

〇〇しないのがいい?対人関係のストレス を減らすコツとは

あなたは人付き合いに自信がありますか? 上司、仕事仲間、友達、好きな人、家族……といったように、私たちの生活は人とのつながりで溢れていますよね。

例え親しい間柄でも、時には相手の性格、考え方に納得がいかず「●●さんのこういうところ、ちょっと苦手かも……」と、感じてしまうことって少なからずあるのでは?

そんな時、どんな意識を持てるかどうかによって、相手との関係が良くなったりも悪くなったりもするのかもしれません。身の回りの人間関係に不満がある人も無い人も、今回はそんな対人関係のストレスをちょっと減らすコツがないか考えてみました。



相手と自分は違うことを認識する


対人関係において不満を抱いてしまうポイントのひとつに、“自分と相手の考え方が違うこと”が挙げられないでしょうか? 例えば友達同士で結婚について話していたとします。

それこそ友達は「●●歳までに結婚したいと思っている、なぜなら理由は●●だから」。でも、対するあなたは「●●歳までで、理由は●●だからと思っている」。

このようにある事に対して考え方が異なることって、恋人、家族間においてもよく見られる光景ですよね。

だからといって、自分の意見を押し付けてしまっては、相手はストレスを感じてしまい、口論が過ぎてしまうと最悪関係が険悪になってしまいかねません。


 


仲の良さに期待を持ち過ぎない


この時に注意したいのが、一度相手と自分は違うことを認識することです。相手との関係が親しいほど、相手が分かってくれないと、鬱憤が溜まってしまいがち。

でも、いくら仲のいい関係、身内だからとはいえ、相手と考え方、価値観が異なることはあって当然ですよね。

相手との関係が親しいからこそ、無理に理解しようとせず、気持ちを冷静に保つことは大切なことです。時には相手と距離を保ちながら、お互いにとって居心地のいい距離感を探してみましょう。こうした意識に気を配れれば、親しい関係だからこそ抱えてしまいがちなストレスを少しずつ減らせられるはずです。


相手のことについて興味を示す


続いて、相手について考えることに意識を向けてみてください。上記の例でいうと、相手がどうして「●●歳までに結婚したいと思っているのか」を考えてみるのです。

冷静になって考えてみると、相手の親御さんの結婚が早かったから。最近、肉親や親友が結婚したから……といったように、相手がそう考えるようになった事情や背景に、何か心当たりがあることが浮かんで来ないでしょうか?

特に年齢が若いうちは、つい自分のことで手一杯になってしまいがちです。自分のことではなく、相手のことをどう考えてあげられるかは、気遣いの仕方がなかなか難しいですよね。

それでもこうした意識にちょっと目を向けられるかだけでも、相手に映るあなたの印象はガラリと変わってくるはず。相手のあなたへの接し方も少しずつ変化が見られるかもしれません。


 


相手への期待を押し付け過ぎない


相手のことを考えるのは大事ですが、相手に過度の期待を寄せるのは避けた方がいいかもしれません。これは仕事、恋愛、友達付き合いにおいても、おそらく同じことが当てはまるでしょう。

例えば相手に好かれたい、なんで●●してくれないんだろう……と不満を抱いてしまうのは、相手への期待があるからということはありませんか?

でも、こうした期待を持ち過ぎてしまうと、自分もストレスですし、相手もストレスを与えてしまいかねないですよね。

何か不安や不満なことがあってもあまり考え過ぎず、嫌なことは忘れる努力をしましょう。上手くいくことよりも、そういうこともあって当然と考えた方が、気持ちが楽でいられるはずです。


いかがでしたか。良好な人間関係を築くことは、なかなか一筋縄ではいかないものです。それでもちょっと頭のなかでこうした意識ができるかどうかで、周囲の人間関係が良好になる可能性は高まるのかもしれません。(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ