彼のLINEがそっけなくて寂しい…どうすればいい?

彼のLINEがそっけなくて寂しい…どうすればいい?

彼に愛されていないわけではないけれど、彼から返ってくるLINEのメッセージといえば、「おう」とか「うん」だけ……となると、彼女として、とても悲しく、淋しいと思います。

こういうときって、彼女としてどうすればいいのか、について、今回は一緒に見ていきたいと思います。



■男心を知る超簡単な方法とは


こういう男子のお父さんってきっと、夫婦で「おう」とか「うん」という会話をしていたはずです。

よく、女子が「男子って、なにを考えているのかわからない」と言うでしょ? これ、彼の父親を見ると、答えがわかります。

男子って案外、自分の父親と同じようなことを、自分の彼女にするのです。

女子が、どんなにかわいくて、どんなにしおらしかろうと、やがて自分の母親に似てくるのと同じで、男子は自分の父親を無意識のうちに意識し、父親が母親にやっていた通りのことをするのです。

ちなみに、この場合、彼のお父さんに非はないですからね。お父さんの世代は「おう」とか「うん」という返事で当たり前の時代だったのだから。いいとか、悪いとかではなく、「そういう時代があった」ということです。


■つきあっているのだから、ぜひ教えてあげて!


こういう男子に、もっと気の利いたLINEの返事をしてもらいたいと思っても、どうにもならない……思うだけ無駄、という見方もできると思います。

人はその人が受けてきた教育がカラダの細胞1つ1つに染みついているわけだから、いまさら「父親がやっていたのではない、なにかほかの方法」で彼女と気の利いたLINEをしろと言っても、無理はものは無理。

教育の影響を考えれば、こうとも言えるでしょう。


それに、気の利いたおしゃべりが好きな女子と、そういうものを積極的に好まない男子、という男女差を考えても、いまさら無理、とも言えるでしょう。


でもね、つきあっているのだから(あなたは彼にとって、彼女なんだから)、彼に「女の子って、こういうLINEが来たら悲しく思う生き物なんだよ」と、教えてあげることはできますよね?

というか、つきあっているのだから、ぜひ教えてあげて!


■さもなくば、ツイッターで悪口の応酬をするか


女子が男心をうまく理解できないように、男子も、女子になにをしたら彼女が悲しむのか、というのが、よくわかっていないんです。

「わたしは彼に愛されていないの?」という悲しい悩み以前の問題として、「わからない」というのが、男子のホンネなんです。

彼も彼女も「わからない」と思っているとき、どうするのか? 対話をするしかないですよね。


北朝鮮の偉い人が、なにを考えているのかわからない……日本の偉い人や、アメリカの偉い人のホンネはきっと、こういうものです。だから対話をしようと、北朝鮮の窓口をこじ開けようとしていて、それが最近、連日ニュースになっています。


恋愛もこれとまったく同じなんです。

男子は男の子として、この歳まできました。女子は女の子として今の年齢になりました。

おおむねみなさん、20歳前後から、異性の気持ちに具体的に敏感になりますよね。

それ以前はどうでしたか? 学校の先生や両親が、恋愛することをおおいに推奨していましたか?

「受験生が恋愛って、あんた何事なの?」と怒られませんでしたか? 彼はきっと怒られてきました。男の子の家庭って、そんなもんだから。


20歳をすぎてようやく、男女ともにお互いに相手のことがわからない、と悩むようになりました。いいことです。

ここは対話するしかありません。さもなくば、ツイッターで悪口の応酬をするか。(ひとみしょう/文筆家)


(愛カツ編集部)


カテゴリ