LINE既読スルー速攻打開!カレから再びメッセが来る4つの誘導テク

LINE既読スルー速攻打開!カレから再びメッセが来る4つの誘導テク

LINEで気になる男性にメッセをした後、既読スルーされたらとても不安な気持ちになりますよね。返事を返しづらい内容を送ってしまったのでは、嫌われたのでは……と思い悩んでしまうと思います。


今回は、LINE既読スルー時に追加でメッセージを送り、とりあえずカレから返事をもらえる可能性が高いメッセージの例を紹介します。


ここで返事をもらえたら、とりあえず嫌われているわけではなかった、と安心できるでしょう。ぜひ、試してみて下さい。



①実家からもらいすぎた食材を渡したい、とメッセする


カレが既読後何の返信もくれない時、「実家からもらいすぎた食材(野菜や米など)を渡したい」という内容でメッセしてみましょう。カレが返事を返してくれる可能性があります。


大量に野菜や米があって困っているのだろう、食材がもらえるならラッキー、という気持ちが働き、返信しようという気が起きるのです。


この時、あなたが渡したいと言っているものをカレがもらってくれなくても、落ち込まないようにして下さい。まずは、返事をもらえることだけを目標にしましょう。嫌われていないことがわかって安心し、精神が安定した状態で他のアプローチをかける方が成功率は上がります。


もらってくれると言われたら、渡すために会う機会もできて一石二鳥です。実際に実家から送られた食材が余っているという事実がなければ、既成事実として実家に急遽送ってもらいましょう。実家暮らしの人は、親戚などから調達するか、家族全員が同時に食材を買ってきて冷蔵庫がいっぱいで……などのアレンジをきかせて下さい。


食べ物でつる。そんな原始的な方法を、ぜひ試してみましょう。


②週末のイベントに人数合わせで参加してほしい、とメッセする


カレから直前に送ったメッセの返事をまだもらえていないけれど、別件として追加で送るなら「週末のイベントに人数合わせで参加してほしい」というメッセもおすすめです。


参加者が少なくて困っているなら協力してあげてもいいかな、イベント自体も楽しめるかもしれない……といった気持ちから、返事をくれる可能性があります。


「もしよかったら」

「忙しいの分かっているけど」


と、下手に出ながら誘うのがポイントです。


ここで、勧誘オーラは絶対に出してはいけません。「あなたのためになる」とか「絶対行くべき」という文言は禁句です。直前のメールであなたに返事をくれなかった理由が、ちょっとあなたと距離を置きたいと考えていた場合、致命的にカレの気持ちを遠ざけてしまいます。


ホームパーティーなどを実際に自分が企画するか、イベンターの知り合いなどからイベントの情報を得て、カレに連絡する口実にしてみましょう。


③今友達と近く(カレの地元)にいるんだけど良いお店教えて! とメッセする


既読後なかなか返事をくれないカレに追加でメッセして返事をもらいやすい要件として、「今友達と近く(カレの地元)にいるんだけど良いお店教えて!」というのも使えます。


食事に間に合うように返事をしてあげないと、という心理が働き、比較的早めに返信してもらえる可能性があります。


カレが携帯から離れていることもあるのでタイムリーに返事がもらえるとは限りません。しかし、地元の話であれば返信しやすいため、遅れてでも何かしらのメッセージをもらえる可能性が高いでしょう。


さらに緊迫感あるメッセージの例として、


「今○○というお店(カレの地元にあるお店)の前にいて友達と入ってみようか悩み中! ○○くん入ったことある? 美味しいかな? もしメッセ見てたら教えて!」


というのも良いでしょう。


今すぐ返事が欲しい状況を表しながらも、ダメ元で聞いている感を演出でき、カレに負担を感じさせずに済みます。


実際にあなたが友達とカレの地元をうろついている状況でこのようなメッセージを送る方が、リアリティを感じさせることができます。週末は、カレの街に繰り出してみましょう。


④○○クンから返事が来なくて寂しい、とメッセし賭けに出る


片思いのカレが既読後なかなか返事をくれない時、一発逆転の裏技があります。「○○クンから返事が来なくて寂しい」とメッセしてみることです。賭けにはなりますが、カレに意識させて一気に距離を縮めることができる場合があります。


男性は、女性が自分のことを男性として見てくれていることがわかると、それだけでその女性を意識してしまうことがあるのです。思わせぶりな態度でカレの気を引く、というのは、小悪魔テクの常套手段です。「寂しい」というメッセージは、カレを間違いなく刺激することができます。


そんな大胆発言をしてしまい、玉砕してしまったらどうしよう、と不安になるかもしれません。ここで、しっかりアフターフォローまで頭に入れておくことが肝心です。


アフターフォローとは、たとえば、「メチャクチャ飲んでたら急に寂しくなって思わず……。驚かせてたらゴメン」とか、「返事待ちの案件が重なって、おまけに悪い返事ばかりで撃沈してたからつい……」みたいな言い訳です。


大胆発言してしまっても、これらアフターフォローで、ある程度修正できるものです。多少脈アリだった場合は、カレから「アハハ。オレから返事来なくて寂しかったんだ」なんて返事が来たり、嬉しさを表すスタンプが送られてきたりすることも。賭けに出てみたいときにはオススメです。


おわりに


いかがでしたでしょうか。既読スルーをされたからといって、即座に嫌われた、と思わず、まずはカレが返事をしやすいメッセージでやりとりを復活させることです。やがて、カレが返事をしやすいメッセージや、既読後に返事をくれそうなタイミングが掴めてくるはずです。まずは仲良しメル友としての関係を安定させ、そのうちに二人で会う仲に発展させましょう。(ちりゅうすずか/ライター)(愛カツ編集部)


カテゴリ