簡単でスタイリッシュな「結び目ポニー」

簡単でスタイリッシュな「結び目ポニー」


近ごろ話題の「ノットヘア」。
ノット(knot)とは「結び目」という意味で、髪自体で結び目を作るヘアアレンジのこと。ノットヘアにも色々種類がありますが、複雑なアレンジはちょっとハードルが高いかも。
そこでおすすめなのが意外と簡単にできるポニーテール。今回は、自分でできる「ノットポニーテール」の作りかたをご紹介します。
ノットポニーテールの基本的な作りかた

@babyliss_itが投稿した写真 - 2014 9月 25 1:57午前 PDT

☆アレンジ方法
1. 髪を左右に分ける2. 2本の毛束同士で、1回結ぶ3. 同じようにもう1回結ぶ4. 細いゴムで束ねる5. ゴムが見えないように調整6. 完成!

ただ結ぶだけなので、三つ編みや編み込みより断然カンタン! でも、スタイリッシュな印象に見えるから、寝坊した朝には大助かりです。
結び目の大きさで印象が変わる

BeautyFriendさん(@thebeautyfriend)が投稿した写真 - 2014 8月 15 1:00午後 PDT

 
「ノットポニーテール」は髪の量や結びかた次第でかなり印象が変わるので、同じアレンジでもTPOに合わせて応用可能です。ふっくら大きな結び目は、まるでシニョンとポニーテールが合体したみたい。ラフな雰囲気が、ゆったり過ごしたい休日にぴったりです。

Laura & Clareさん(@festivalbrides)が投稿した写真 - 2014 9月 12 7:45午前 PDT

 
逆に、小さくまとめると、すっきりとした印象に仕上がります。結び目をきつめにして、最後にキュッと引き締めて作るのがポイント。
モードっぽいファッションや、きれいめな服装にもマッチするアレンジです。
結び目を連ねるアレンジに挑戦

Kathiさん(@kathi_durinson)が投稿した写真 - 2015 6月 12 1:41午後 PDT

慣れてきたら、結び目をたくさん連ねてみるのもおもしろいです。基本の作りかたでは2回結ぶところを、さらに回数を重ねて結んで作ります。
三つ編みでもフィッシュボーンでもない、今までなかった不思議なかたちが人目をひきそう。

Klaudiaさん(@lilithsahl_mua)が投稿した写真 - 2015 5月 12 6:48午前 PDT

また、編みこみと同じ要領で、小さな結び目を連ねていくのもおすすめ。
後頭部から2本の毛束を少量とって1回結び、そのすぐ下の毛を足しながらまた結んで......と繰り返して作るアレンジです。
髪そのものを結んでしまう「ノット」アレンジ。まずはポニーテールからはじめて、どんどん新鮮なアレンジに挑戦したいですね。
beautiful-young-woman image via Shutterstock
カテゴリ