復縁がうまくいくための条件3つ

復縁がうまくいくための条件3つ

別れてしまったものの何となく特別な存在の元カレ、あなたにもいませんか? 泥沼の別れではなければ「今頃あの彼と付き合ってたらな……」という思いが頭をよぎることも。

そんな元カレとはSNSなどで思わぬ再会をする可能性だってあります。なんだか向こうもまんざらではなさそう、もしかしたら復縁もアリかも……。

そんな時、うまくいく復縁にはいくつかの条件があるんです。



別れて一年以上たつ


別れの理由はさておき、前回の別れからある程度の時間が過ぎていることがうまくいく復縁にはマストのよう。

当時の自分を客観的にみられるようになり、平常心で彼に接するためにはおたがいに時間が必要です。別れた当時と変わらぬ人間性で復縁しても、同じことの繰り返しになるだけです。


それに復縁したあとも、冷却期間をしっかりとった2人のほうがお互いをしっかり信じられるようになるという効果もあるようです。

別れたばかりの時ほど復縁したい欲求は高いですが、今度こそ幸せになりたいなら、冷却期間をしっかりとることが必要です。


他の人とも付き合ってみた


復縁がうまくいくのは、別れても相手のことばかり考えていたからとは限りません。

復縁したい一心で、彼の好みにあわせて自分を磨くのもよいですが、どうしても思いつめたような重い雰囲気が出たり、独りよがりの自分磨きになることも。いったん彼のことはすっかり忘れ、ほかの人との恋愛を経験したうえで復縁して幸せになったケースのほうが多いんです。


自分の理想をすべて満たしてくれる男性なんてそう多くはないので、他の人とも恋愛することで、自分の感情の動きを冷静に見られるようになったり、以前の彼の言葉の意味がふと理解できるようになることもあります。

興味のない人と付き合うことはありませんが、リセットは大切です。


妥協はしない


心理的にも時間的にも、彼と一定の距離を置くことで浄化される感情もあるはず。でも、別れに至ったネガティブな記憶が薄れても「とりあえず今フリーだし、一人は寂しいから」「もう他にいい出会いはなさそうだからこの機会に復縁しとくか」と軽い気持ちで元彼リサイクルに走るのは不幸のモト。


復縁は、付き合いはじめの「価値観のすり合せ」が必要ないため、復縁直後は「やっぱりこの人だな、ラクだな」とテンションが上がりがちです。

それでも妥協の復縁では、すぐに問題が浮き出てきてあっという間にダメになる確率も高いんです。そんな別れは泥沼になり、今度こそ「二度と顔も見たくない!!」と、トラウマレベルのひどい別れになることも。


「一度は恋人同士だった」という事実は交際までのハードルを下げますが、妥協は不要。「いろいろあったけどやっぱり自分には彼しかいなかった」という納得が感じられる復縁が、幸せになる近道です。


SNSなどで元カレの動向を知るのは簡単ですが、安易な元カレリサイクルはお互いをさらに深く傷つける原因に。深く知った部分がある元カレだからこそ、とにかく冷静に!というのが幸せな復縁の秘訣といえそう。 (中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ