ブラッククローバー 第17話「破壊者」【感想コラム】

ブラッククローバー 第17話「破壊者」【感想コラム】

前回の ブラッククローバー のあらすじは、アスタはロータスを倒したけど、ユノはピンチだった!!


というわけで今回はアスタVSマルスです。


そうそう、今更ですが今のOPってちょっとネタバレ入ってますよね。

でもかっこいいので問題なしです。


Contents

1 ダイヤモンド王国の切り札2 アスタ、今度はユノを助ける3 アスタ的にはロータスより戦いやすい?
■ダイヤモンド王国の切り札

撃破されたロータスでしたが、逃げる力は残っていました。

ちゃんと部下も回収していく辺り、いい人そうです。一家のお父さんなだけありますね。


そして――。


ユノ達を追い詰めるマルスという男は、ダイヤモンド王国の切り札的存在だと発覚。

額にある宝石は、魔力を高める魔法道具です。


彼は人工的に強化された存在であり、王国が行わせた“子供同士の殺し合い”に生き残った選ばれし戦士でもあります。


残忍な性格をしているように見えますが、そうなってしまったのも頷けるほど、ダークな過去を持っています。


■アスタ、今度はユノを助ける

そんなマルスには、クラウスさん渾身の魔法も通じません。


マルスは「退け」「諦めろ」と逃げる機会を与えますが、アスタを見て育ったユノには、諦めるという選択肢しかありません。


ピンチのユノを救ったのは、やはりアスタさんでした。


アスタ「勝手に手ェ出してんじゃねえ! ユノは俺のライバルだ!!」


熱いです。


やはり王道な主人公って、観ていてワクワクしますよね。

対するユノは


「ようやく借りを返したと思ったのに」

「今から怒涛の反撃が始まるところだった」


と張り合います。


そこで、


「どっちがあいつを倒すか勝負だ!」


と言いだすアスタさん。

アスタさんが現れただけで、絶望的だった空気が変わりました。


■アスタ的にはロータスより戦いやすい?

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会


クラウスさんはラックが助け、ミモザの元にもノエルが駆けつけます。

見下していた黒の暴牛に助けられ、悔しいクラウスさん。

しかし、すぐにアスタの実力に驚きます。


「強いやつが残り、弱いやつが消える」


悪党らしいマルスのセリフですが、彼の過去を想うとなかなか重いセリフです。


マルスはロータスより強いはずですが、破壊力のある魔法で攻めるという戦法は、アスタとの相性が悪く……。

それでも手数でアスタを追い詰めますが……。


魔力がなくても、魔法帝になれると証明する。

そのためにも、何度攻撃を受けようとも諦めないアスタ。

それを見て、なにやら過去を思い出しかけたマルス。


そんなマルスに、アスタ渾身の一撃が決まりました。


 


というわけで、またまたいいところで終わりました。次回はアスタとマルスに変化が?

まだまだ進化するアスタに注目です。


ブラッククローバー 感想コラムのまとめ





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ