『 アイドルマスターシンデレラガールズ 』バンプレストの最上位フィギュアブランド「EXQフィギュア」から「 高森藍子 」がプライズフィギュア化!その魅力をご紹介します!

『 アイドルマスターシンデレラガールズ 』バンプレストの最上位フィギュアブランド「EXQフィギュア」から「 高森藍子 」がプライズフィギュア化!その魅力をご紹介します!

2018年2月6日より全国のゲームセンターで順次登場しているプライズ商品があります。それはバンプレストが提供している最上位フィギュアブランド「EXQフィギュア」の最新作です。


今回プライズフィギュア化したそのキャラクターは『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場する「高森藍子」です。藍子Pとしてはこの上なく嬉しいことだと思います。少なくとも、藍子Pの筆者は死ぬほど嬉しかったです。


先日、こちらのプライズフィギュアをゲットしてきました。今回は「アイドルマスター シンデレラガールズ EXQフィギュア~高森藍子~」のレビューをさせてもらいます。


Contents

1 EXQフィギュア「 高森藍子 」について2 立体化した「高森藍子」をお披露目!3 気になる方はゲームセンターに急げ!
■EXQフィギュア「 高森藍子 」について

今回プライズフィギュア化された藍子ちゃんですが、公式に立体化したのはこれがはじめてです。これまで『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、「ねんどろいど」や「ちびきゅんキャラ」から多くのフィギュアを発表してきましたが、藍子ちゃんのフィギュアは一つもなかったんです。


それがついに、ついに立体化することになったんですね。藍子Pもとい、筆者の念願叶って藍子ちゃんがフィギュアになりました。


この度立体化された藍子ちゃんはゲーム内に登場するカード「[ゆるふわ乙女]高森藍子」の特訓後のイラストをモチーフにしています。タンポポの髪飾り、純白のドレスが美しく、全体的にふんわりとした雰囲気になっています。


ちなみに、フィギュアのモチーフとなったイラストがこちらです。


デレマス「 高森藍子 」がプライズフィギュア化!その魅力をご紹介
こちらのフィギュアがプライズ商品としてはじめてお披露目されたのは2017年9月に開催された「第49回プライズフェア」でした。筆者は9月に情報が解禁されてからずっとゲームセンターに投入されたら取りに行くと決めていました。


■立体化した「高森藍子」をお披露目!

それでは早速、プライズフィギュアとなった藍子ちゃんをご覧いただきましょう。



いかがですか?めちゃくちゃかわいくないですか?ポニーテールを結わえているタンポポの髪飾りや手にもっているタンポポの綿毛がふんわりとした藍子ちゃんの性格にピッタリですね。


また、藍子ちゃんが着ている純白のドレスも素晴らしいですね。ドレスの白が藍子ちゃんの印象をより一層ゆるふわなものにしていますね。


そして、やわらかな笑みをたたえている表情がすごくイイ!プライズ商品とは思えないほどの豊かな表情に感動です。正面から見ても、横から見てもかわいいですね。




さて、かわいいのはもちろんですが、それよりも注目してほしいのが造形の細かさです。



見てくださいよ、この髪の毛のウェーブ感!ふわっと舞う藍子ちゃんの髪の毛に衝撃を受けましたね。これ、プライズ商品なんですよ。流石「EXQフィギュア」、クオリティが段違いですね。


ドレスの造形もかなり作りこまれていますね。スカートの翻り方やスカートの裾にあしらわれているフリル、腰の部分にあるリボンなど、それはもうエクセレントな出来栄えですよ!



このように、プライズ商品であることを疑うレベルのフィギュアとなっています。素晴らしすぎます。感動です。


■気になる方はゲームセンターに急げ!

いかがでしたか?藍子ちゃん最高でしたよね。筆者も実際にゲームセンターに行ってゲットしましたが、未だにプライズフィギュアであることが信じられません。それだけ造りが丁寧で細かいのです。


写真では伝わりきらない部分もあるとは思いますので、気になる方はゲームセンターに行ってゲットしてくださいね!


以下に「とるナビ」の「アイドルマスター シンデレラガールズ EXQフィギュア~高森藍子~」ページのリンクを掲載しておきます。投入店舗の検索などを行なうことができますので、一度覗いてみてください。


http://bpnavi.jp/s/toru/pc/prizes/38096


ちなみに、筆者は1,500円(プレイ回数:9回)でゲットすることができました!やったね!


アイドルマスターシンデレラガールズ|「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER こいかぜ ―彩―」試聴開始! すごくやばい楽曲に仕上がっていて驚きを隠せない





(あにぶ編集部/タングステン)
カテゴリ