彼親からも好かれたい!彼親が喜ぶ女性像とは

彼親からも好かれたい!彼親が喜ぶ女性像とは

彼と一緒になるのであれば、気になってくるのが彼親の存在。

彼親に嫌われてしまったら、彼との楽しい毎日を得るのは難しくなってしまいます。


いくら先立つのが親とはいえ、その残りの時間を楽しく幸せなものにするために…どういった配慮をして過ごせば、彼親から認められ、喜んでもらえるのでしょうか。

早速チェックしていきましょう!



■“デキるアピール”は不要です!


「息子のお嫁さん、有名な大学を卒業していて博識。でも、家に来たときの“出来る嫁アピール”が正直癪に触りますね。

もっと低姿勢であってほしいです。可愛げがなくって」(60代女性・専業主婦)


良く思われたいがために、ついつい自分を出来る女として一生懸命にアピールしてしまう人がいます。

しかし、それをやってしまうと彼親からは煙たがられてしまいます。


自分を良く見せようと必死になるよりも、自分の出来ない部分をさらけ出すように素直になったほうが、彼親からは好かれるようです。


■甘え上手が可愛らしいと高評価


「ごはん食べていくかい?と聞いて、元気で無邪気に『お願いします!』と甘えてくるようなお嫁さんをとってもらいたいと思ってます。

甘え上手な子のほうが可愛いでしょう。」(50代女性。ケアマネジャー)


甘え上手な女性が可愛らしいという意見がここでも聞かれました。

彼のご両親に気もお金も遣わせては失礼にあたるかと思い、つい遠慮しがちですが…時には思いっきり甘えても良いみたいですね。


甘えるのと依存は違うということを肝に銘じておきつつ、甘えるべきタイミングには彼親に甘えさせてもらうようにしましょう。


■清潔感必須、家事力に期待


「不潔っぽい子だと、息子がかわいそうだと思ってしまいます。服装はもちろん、お化粧も節度を持った子がお嫁さんに来てくれることを願ってます。

あとは、家事ですね。一通り出来る子でないと、やっぱり息子がかわいそう。

家事を分担するためにも、女性にはある程度家事力がほしいと思ってしまいます」(50代女性・パート)


服装やお化粧でも、清潔感というものが滲み出てしまうものです。

清潔感があふれる女性でいるためにも、彼親に好かれるようなナチュラルメイクと露出を控えた正統派ファッションの勉強しておきましょう。


いかがでしたか?彼との素敵な未来を手に入れるために、彼親との信頼関係の構築にもチカラを入れていかなければなりませんよね。

彼親ウケを狙うためにも、今一度自分の話口調や服装、メイクについて見直しておきましょう!(きえお/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ