たまにはアニソン以外のJ-POP/ROCKを聴いてみよう(MV映像がアニメだけどネ♪)

アニソン、アイドルからヒップホップ、ロック、デスメタルに至るまで、ポピュラー音楽とミュージックビデオ(MV)は、今や切っても切れない関係になっています。


ところが、たとえアニメの主題歌でも、曲そのもののMVはアーティストの演奏・歌唱を軸とした実写映像が主流というか、少なくとも私が知る限りその傾向です。


逆に、アニメ作品と関係ないけどMVがアニメ映像の曲はないものかと、探してみれば結構あるんです。この記事では、その中から珠玉(?)の4本をお届けします。


Contents

1 「布団の中から出たくない」 by 打首獄門同好会2 「J-POP」 by コレサワ3 「文學少女」 by BURNOUT SYNDROMES4 「ばかもののすべて」 by 忘れらんねえよ5 あとがき
■「布団の中から出たくない」 by 打首獄門同好会




 絵:るるてあ

アニメ:ナガサカシゲル

Copyright 2012 打首獄門同好会. All Rights Reserved.

© 2018 LD&K inc. All rights reserved


身の毛もよだつバンド名と、ロック・メタル系ジャンルという事前情報から、差別用語とか卑猥な単語を連呼する「デトロイト・メタル・シティ」みたいな雰囲気を勝手に想像していると…


のっけから間の抜けた曲調と、コウテイペンギンの子供が布団で寝ている能天気な映像に肩すかしを喰らいます。そして、ペンギンが布団から出ようとした瞬間…


このギャップに腹筋が鍛えられて、何度も聴いて(観て)いるうちに見事なシックスパックができあがるかもしれません。


さらに聴きこんでいくと、そのうち(私みたいな)ヒキコモリの社会復帰を後押しする応援歌に聴こえてくる…のは、私だけでしょうか?


■「J-POP」 by コレサワ




絵・アニメ:ウチボリシンぺ

© Koresawa.

Copyright©2010 NIPPON CROWN CO,.Ltd all right reserved.


クマの着ぐるみが服を着てセミロングのカツラをかぶっている「れ子ちゃん」というゆるキャラがトレードマークになっていて、ご本人もメディアに出るときは「れ子ちゃん」のかぶりモノを装着しているみたいです。


少なくとも「関内デビル」という音楽番組に出演していたとき(2017年8月)は始終かぶっていて、脱水症状を予防するため(?)首のスキマからストローを使って水分補給してました。


そのマヌケなルックスとは対照的に、曲のラインアップは、オトメゴコロをテーマにしたラブソングが目立ちます。


そして、アーティストとしての本筋とは全然関係ないキャラ設定の制約ゆえか、コレサワさんの曲は今のところすべてアニメMVとなっているみたいです。ぜひほかの曲もチェックしてみてください。


私のオススメは「SSW」です。





絵・アニメ:ウチボリシンぺ

© Koresawa.

Copyright©2010 NIPPON CROWN CO,.Ltd all right reserved.


■「文學少女」 by BURNOUT SYNDROMES




絵:金子開発

アニメ:大橋史

Copyright © BURNOUT SYNDROMES. All Rights Reserved.

© EPIC Records Japan


このバンドは2016年春のメジャーデビュー以来、「ハイキュー!!」に「FLY HIGH!!、ヒカリアレ」の2曲、「銀魂 銀ノ魂篇」に「花一匁」と、2年間で3曲もアニメのOP/EDに使われているので、アニメと無関係って言い切れません。


しかしながら、この曲はメジャーデビュー前にリリースされたものです。といっても、MVを手掛けた大橋史さんのWebサイトを見ると、すでにSony Music系の人が関わっていらっしゃるみたいですが…


■「ばかもののすべて」 by 忘れらんねえよ




監督:山岸聖太

©2013-2016. OFFICE-AUGUSTA / WASURERANNEYO ALL RIGHTS RESERVED.


見た目は実写ですが、クレイアニメっぽい映像なので、記事に無理矢理ねじ込みました。というか、このMVを紹介するために記事を書いたといっても過言ではありません。


バンドメンバーが自宅からライブハウスまでぴょんぴょん飛び跳ねながら移動して、飛んだ瞬間のスチル映像を編集でつないで、コマ撮りアニメに仕上げています。


しかもご丁寧なことに、MVの途中でそのバカバカしい撮影風景(コマ撮りになる前の映像)を見せてくれます。


とにかくこの浮遊感(?)を一度でも味わってしまったら逃れるのは困難かも…まさに「忘れらんねえよ」なのです。


■あとがき

余談ですが、「ばかもののすべて」でメンバー3人が体を張って、ある英単語を表現しています。気が付きましたか?


それはさておき、当然ほかにもアニメ映像のMVが数多く制作されています。興味がわいたらぜひ探してみてください。


アニソン から邦楽ロックバンドを知ってみよう!





アニメーションの世界で生きる架空バンド・ Gorillaz を知ってる?ニューアルバムも出ましたよ!





(あにぶ編集部/anIORIent asst.)
カテゴリ