「衝撃の一夜!!強い絆の2人は究極の愛を乗り越えることは出来るのか?」

「衝撃の一夜!!強い絆の2人は究極の愛を乗り越えることは出来るのか?」

3月1日(木)放送 あらすじ


■『隣の家族は青く見える』第7話





奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、アミューズメント施設を訪れ、楽しいひと時を過ごす。

あくる日、片岡医師(伊藤かずえ)のクリニックを訪れた奈々は、体外受精へのステップアップを提案される。区役所の出張所を訪れ、不妊治療費助成金の申請手続きをする奈々。そこで真一郎(野間口徹)と出会った奈々は、彼がボランティアの塾講師を始めたことを知る。





深雪(真飛聖)は実家に金の無心に行く。しかし、母親の百合恵(多岐川裕美)には真一郎が無職になったことも打ち明けておらず、結局何も言い出せなかった。その帰り道、深雪は、大器が女性の住むマンションに入っていくところを目撃。奈々に、そのことを話してしまう。





奈々は、大器に人工授精から体外受精へのステップアップについて相談する。すると大器は、もう不妊治療は止めないか、と言い出す。奈々の負担が増え、心身ともに追い込まれるのは目に見えている、というのだ。大器と口論になった奈々は、浮気のことを切り出した。大器は、それを否定すると、ケンカになってしまうのも不妊治療のせいだと奈々に告げる。しかし奈々は、納得できず……。





一方、ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮太(和田庵)の転籍めぐって亮司(平山浩行)と口論になる。その際、亮司は、家族のことに口を出すな、とつい言ってしまう。

 

真一郎は、ボランティアの塾講師になったことを深雪に打ち明ける。一度きりの人生を後悔しながら死ぬのは嫌だから少しの間協力してほしいと頼む真一郎。しかし深雪は耳を貸さず、本気でそんな生活をするつもりなら家を出てからにして、と言い放つ。



共有スペースで出くわした大器、亮司、真一郎は、真一郎の提案で一緒に飲みに行くことになった。大器の実家が営む焼き鳥店『いがらし』を訪れた3人は、日頃の不満を愚痴り出す。そんな彼らの話を聞いていた聡子(高畑淳子)は、いつまでもバカなことを言っていないで女房の手伝いのひとつもしなさい、と叱りつけた。







渉(眞島秀和)にふさわしい男になると決意した朔(北村匠海)は、高卒認定試験に向けてこっそり勉強を続けていた。共有スペースで勉強していた朔は、やってきた奈々に試験のことを話す。ちひろも合流し、彼女の愚痴を聞いてやる奈々たち。そこに現れた深雪は、亮太のせいで優香(安藤美優)の成績が落ちてしまった、と言ってちひろに噛みつく。優香の成績が下がったのは亮太が引っ越してきてからだと言うのだ。奈々は、深雪とちひろを落ち着かせようとして朔に助けを求めた。しかし朔は、ただ楽しそうに見物していて……。







そんなある日、渉を訪ねて母親のふみ(田島令子)がやってくる。朔は、仕事で外出中の渉に代わって彼女を部屋に迎え入れた。だがそこで、「喧嘩した勢いで別れない」などと朔と渉が署名入りで書いた“三つの誓い”をふみに見られてしまう。

ちょうどそこに戻ってきた渉は、ふみにゲイであることをカミングアウトする。ふみは激しく取り乱し……。





大器たちと一緒に帰宅した真一郎は、家には戻らす、共有ポーチに寝袋を持ち込む。ここで夜を明かすのだという。



ちひろにベッドを占領されてしまった亮司は、亮太と一緒に寝る。そこで亮太は、ちひろと仲直りしてほしい、と亮司に頼んだ。



奈々は、不妊治療を止めたくない、と大器に告げる。そこで大器は、奈々をひとりで支えていく自信がなくなり、カウンセリングに通っていたことを奈々に告白する。





あくる日、奈々は、ダイビングスクールの同僚たちに不妊治療をしていることを打ち明ける。上司の倉持(寿大聡)は理解を示し、みんなでフォローして奈々に協力すると約束した。



そんな中、奈々と大器は、体外受精についての説明会に出席し……。





期間限定無料見逃し配信はこちらから


■番組情報


<タイトル>



『隣の家族は青く見える』


<放送日時>



2018年3月1日22時~22時54分放送


<出演者>



深田恭子

松山ケンイチ



平山浩行

高橋メアリージュン

北村匠海

眞島秀和

真飛聖

野間口徹



須賀健太

伊藤沙莉

前原滉

寿大聡

橋本マナミ



春海四方

伊藤かずえ

高畑淳子



カテゴリ