『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』今からでも見てほしい「同作の魅力」とは?

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』今からでも見てほしい「同作の魅力」とは?

現在好評放送中のTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。


放送直後、京都アニメーションさんらしい繊細な背景美術などが話題に上がっていましたが、

中には「どこに注目して見れば良いの?」という声も。


今回の記事では「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』今からでも見てほしい「同作の魅力とは?」」と題しまして、同作の魅力と、見どころを読者の皆さんと一緒に探っていきたいと思います。


Contents

1 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力!を語る前に……1.1 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」つまりどんなお話?1.2 「ヴァイオレット」はどんな子?2 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のココに注目してほしい!3つのポイント2.1 (1)少しずつ芽生える「感情」2.2 (2)“感情を持たない”少女と接する周りの人物たち2.3 (3)ヴァイオレットの過去がヴァイオレットを“燃やす”…?3 じっくりと見てほしい「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
■『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の魅力!を語る前に……

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」つまりどんなお話?

戦争へ「武器」として駆り出され、命令のみに従って生きてきたヴァイオレット。

本作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、

戦後、代筆の仕事を通して、彼女が自身の慕う「少佐」の言葉『愛してる。』の本当の意味を探す様子を描いた作品です。


すでに放送された回を見ていても、同僚やクライアントとのやり取りを通して、“少しずつ”成長しているヴァイオレットの様子が見て取れ、まるで子どもの成長を見ているかのような気分にさえなってしまいますね。時々ヒヤッとすることもありますが…(笑)


「ヴァイオレット」はどんな子?
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第三話 感想コラム【連載】
まだアニメをご覧になっていない方は「武器」や「心を持たない」といった言葉が先行して、想像し難いかもしれませんね。

でも、ヴァイオレットはまだ未成年。(成人を何歳としているのかは不明ですが)


見た目は、年齢にふさわしい……そう「ぬいぐるみ」が似合う可憐な少女!といった感じ。


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第七話 感想コラム【連載】
ただ、ヴァイオレットは幼い頃から、(ギルベルト)少佐の命令にのみ従って生きてきた少女。

これが、「自分の意志を持たない」=「機械、兵器」みたいな少女、と言われてしまう所以なんですね。


このお話は、そんなヴァイオレット・エヴァーガーデンが、様々な境遇を抱えた人々を通じて、“言葉”を知っていく様子を描く物語。


■『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のココに注目してほしい!3つのポイント

(1)少しずつ芽生える「感情」
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第六話 感想コラム【連載】
第1話での『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、感情を持たない、さながら“機械”のような少女。

物語の序盤では、「他人の気持ちを読む」ことが出来ず、細かいトラブルが多発してしまいます。


しかし、そんなヴァイオレットも全然成長していないわけではありません。

この「感情」といった点で、筆者が最も感動したのは、第5話でのシャルロッテ姫とのエピソード。

詳細はネタバレになってしまうので避けますが、この「シャルロッテ姫」のもとで仕事を終えた後、“ある表情”をヴァイオレットが浮かべるんです。


シャルロッテ姫が今どんな気持ちなのか、想像しないと“その表情”は現れないハズ。涙無しには見られませんでした。


というように、少しずつですが「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に芽生える感情。


海外の掲示板「Reddit」でのアニメコミュニティでは、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の感想に



「作品をじっくり見る」ということを知らない人には合わないだろうね。感じたいものだけが感じられる。それが映像作品の醍醐味さ。



とあり、深く同意した覚えがあります。


(2)“感情を持たない”少女と接する周りの人物たち
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第四話 感想コラム【連載】
TVアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、彼女の働く郵便局の仕事仲間やお客さんと、ヴァイオレットのエピソードを中心に描かれています。


本作ではヴァイオレット自身だけではなく、まるで“人形のような”感情を持たない彼女と接する、周りの人々も少しずつ成長していきます。

周りに見栄を張ってしまう「アイリス」や、兄と二人暮らしをしている「ルクリア」など、様々な境遇を抱えた人物たちが、

ヴァイオレットと出会ったことで変化していくのですが、

そんな成長の様子に、見ていて涙を誘われます。


(3)ヴァイオレットの過去がヴァイオレットを“燃やす”…?

物語が進むにつれて、少しずつ明らかになってくるのが「ヴァイオレットの過去」。


いま現在、

・TVアニメではヴァイオレットの過去に一体何があったのか

・ヴァイオレットの言う「少佐」とは誰なのか

など、彼女の過去についてはあまり明らかにされていません。


彼女が、どういう経緯で“感情を持たぬ機械のような少女”となってしまったのかも少しずつ分かってくるはず。

パズルのように少しずつ少しずつ明らかになっていく彼女の過去。

しかしながらパズルが埋まっていくうちに彼女はだんだん苦しめられて………そんな彼女の過去とこれからに注目です。


■じっくりと見てほしい「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

さて、今回の記事ではTVアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の魅力をご紹介させていただきました。



「作品をじっくり見る」ということを知らない人には合わないだろうね。感じたいものだけが感じられる。それが映像作品の醍醐味さ。



このファンの言葉の通りで、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という作品は、じっくりと味わうことでどんどん面白みの増していく作品。


ヴァイオレットの声に少しずつ感情が宿っていく様子、

周りの登場人物の言葉、表情の変化


細かなところに注目していくと、いつの間にか何度も何度も見直してしまう作品です。


ぜひもっと多くの方にTVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を見てほしい!ということで、

ヴァイオレットの魅力を書いておきながらルクリアさんが大好きな私、竹取の翁がお送りしました。


「あにぶ」では、TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の、とちろうこさん筆・感想コラムを毎週掲載!

そちらも合わせてご覧ください。


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 週刊感想コラムのまとめ





(あにぶ編集部/竹取の翁)
カテゴリ