ホワイトデーにドン引き!男性に嫌われる3つの行動

ホワイトデーにドン引き!男性に嫌われる3つの行動

気温も少しずつ高くなってきて春までもう少しですね。3月の一大イベントであるホワイトデーが近づいてきました。


今回は、気をつけないとホワイトデーに男性にドン引きされてしまう3つの行動についてお伝えします。


行動1. 曖昧な態度を取る


ホワイトデーに彼からお返しがほしいのかほしくないのかが男性視点で分かりづらいとドン引きされるリスクが非常に高まります。


数々の障害を経て、気持ちのすれ違いを経てハッピーエンドになるのは漫画やアニメの世界だけだと考えましょう。


お返しをほしいのであれば、ほしいという意思表示を前々からしておく必要があります。男性は曖昧な態度だと「面倒だ、理解できなくてストレス」ということでどんどん悪い印象になってしまいます。


むしろ笑顔で「お返し期待してます」と対面で伝えた方が男性にとっては分かりやすいのでストレスが少ないということを覚えておきましょう。


行動2. 自分のペースを優先する


ホワイトデーはあなたは「お返しをもらう」側だと考えいませんか?


そうするとあなた自身の予定、あなた自身がほしいタイミングを優先してしまうようになります。部活で「よし練習やるぞ」と思っているときに、突然遭遇するような演出などは、漫画やアニメの世界だけにとどめておきましょう。


できれば、彼自身に「ここで渡そう」と計画を立てられるように、予めあなたの予定をさりげなく伝えてあげると良いです。


男性は自己中心的でプライドが高く、自分のペースを乱されるととたんにネガティブな反応をします。ですから、ホワイトデーについては、「男性のペースにお付き合いする」日だと考えるようにしましょう。


「お返し」というのは、実はおまけみたいなもので、ホワイトデーにちゃんと彼とペースを合わせていけるか、それで今後の恋愛を加速させるか判断する日だととらえると良いと思います。


行動3. 即レス、その後フォロー無し


男性は欲張りです。ホワイトデーでお返しをもらって有頂天になる前に、この点をしっかりと意識しておきましょう。


お返しをもらい、嬉しい気持ちをすぐに返事をする(即レス)だけだと、男性が「え。あんなに頑張って考えたのにそれだけ」っと印象が悪くなるリスクがあります。


当日の夜、いただいたお返しを笑顔で持っている写真をLINEで送ったり、次の日こっそり対面でありがとうを再度伝えるようにしましょう。ホワイトデーは男性への「おもてなし」の場くらいに大きな心で構えておくことが大切です。


ホワイトデーはちょうど3月半ばにあり、春の恋愛を加速できるかどうかの1つの区切りになるポイントです。今回のヒントを参考に恋愛が失速しないように気をつけましょう。


お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌


(愛カツ編集部)


カテゴリ