好きな人に話しかける時。冷たくされない「声かけの極意」4つ

好きな人に話しかける時。冷たくされない「声かけの極意」4つ

好きな人に話しかけるのは勇気がいりますよね。素っ気ない反応をされたり、意識しすぎから挙動不審になって引かれたりしないかヒヤヒヤするはずです。でも、好きな人とはやっぱり話したい! それが恋する女というものです。


実は、カレの「冷たい反応」を100%阻止することができる、声かけ時のポイントがあります。今回は、そんな「声かけの極意」を4つ紹介したいと思います。



①心から楽しい気分で話しかける


カレに話しかけて冷たい反応をされないためには、心から楽しい気分で話しかけることです。


なぜなら、男性が最も苦手とするものは、女性の負のオーラだからです。彼らは本来、面倒なことを嫌う生き物です。女性ほどの共感能力も持ち合わせておらず、うまく対処できる気がしないのです。


中には、自分がヒーローになりたい気持ちから、弱っている女性や不幸な女性にあえて深入りする男性もいます。しかし、そんな男性であっても、女性がずっと暗いままであれば、いつまでも付き合ってはいられない、と匙を投げます。


心から楽しい気分、というのが重要ポイントです。わざとらしく楽しそうに振る舞うことやキャピキャピうるさい状態は逆効果となります。男性は、それらの裏にある自信のなさや承認欲求を感じ取り、関わりを避けたいと思ってしまうのです。


何か良いことがあった直後や気分が爽やかになる快晴の日などに、ウキウキしながらカレに話しかけてみましょう。


②どうしても何かを訴えたい感を出す


声をかけるとき、カレに確実に素っ気なく扱われない方法として、どうしても何かを訴えたい感を出すのもおすすめです。こんなふうに声をかけます。


「ちょっと~! 聞いてよ!」

「今、いい・・・? 実は・・・」


共感型の女性と異なり、問題解決型の男性は、自分の意見を言うチャンスに敏感です。何かを訴えたい雰囲気で話しかけられたら、そこにトラブルの発生や話題性を感じ、チャンス到来というわけです。真剣に話を聞いてくれるはずです。


この時、訴えたいネタがないからと、つまらないことを大げさに言わないようにすることです。「なあんだ、そんなことか」と思われると、一度期待させたあとにがっかりさせてしまうからです。


この方法を用いるなら、「カレに話しかけるのは、何か感情の揺さぶられる出来事があった直後」というマイルールを設定しておきましょう。


③カレが主役のネタで話しかける


カレに確実に笑顔で返答してもらえるのは、カレが話の主役になるネタで話しかけることです。たとえば以下のように、カレの活躍や功績についての話題、または、カレが自分の話を始めることができるトピックを選ぶことです。


「○○くん、あのハードなジムに通い始めたって聞いたんだけど……すごいね!」

「そういえば○○くんって、健康診断どうだったの?」


闘争本能のある男性という生き物には、人から認められたい気持ちがベースとして備わっています。自分の話を人にして、人から承認や賞賛のコメントをもらえるのが何より彼らの励みになるのです。


よく、自分の話ばかりする女性は男性に嫌われる、と言われますが、男性こそが自分の話をしたいため、その機会を奪う女性を煙たがるのです。聞き上手女子がモテるのも、そのようなワケがあります。


大好きなカレの動向をマメにチェックして、いつでもカレ中心の話題で話しかけられるように準備しておきましょう。


④あえて「ちょっと自慢させてもらっていい?」と声かけ、関心煽る


裏技として、声をかけるとき、あえて「ちょっと自慢させてもらっていい?」と切り出すのも、カレと楽しく会話するきっかけを作ることができるのです。重要なポイントとして、楽しい話をシェアしたい、という雰囲気を出しながら、このセリフを言うことです。


競争社会で戦う男性にとって「自慢」は敏感に反応してしまうキーワードです。一方、そんな気になるキーワードを出しつつも、楽しい話をシェアしたい、という雰囲気であなたは話しかけています。


カレは「自慢と言っているけど面白い話かもしれない」と予想し、強い関心を煽られます。そして、「よし、聞いてやろう」と思うのです。


ここで自慢の内容は、本当にスゴイ!と言える体験か、あるいは笑いとツッコミを呼ぶ内容に限定しましょう。前者の例として、「2回連続出張先で芸能人に会った」、また後者の例として「2日連続10円拾った」などです。


ここでは自分を良く見せることが目的ではなく、カレと話すきっかけを作ることが目的です。男性のプライドが傷つくような嫌味な内容は絶対にやめましょう。


自慢、というキーワードで男性の関心を煽り、その後は楽しく会話で盛り上がってください。


おわりに


いかがでしたでしょうか。自分がキュンとしたいからという理由だけで声をかけるのではなく、声をかけられた男性のメリットも考えて声をかけると、良い反応が得られます。カレの視点に合わせ、声をかける時のネタ探しに日々アンテナを張り巡らせましょう。(ちりゅうすずか/ライター)(愛カツ編集部)


カテゴリ