ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」感想コラム【連載】

ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」感想コラム【連載】

前回の ゆるキャン△ は、なでしこの風邪により一人でキャンプに出かけることになったリン。途中の温泉で予想以上にくつろいででしまいました。その上ぐっすりと居眠りをしてしまい、気がつけばあたりは暗くなってしまったところで終わっていましたね。


今回のリンのソロキャンプはどんなふうになるのでしょうか?


Contents

1 ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」のあらすじ2 みんな肉まんだいすき3 シマリンの素直じゃないところがかわいい4 みんなでクリキャンだ5 ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」の感想
■ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」のあらすじ

画像引用元:©あfろ・芳文社/野外活動サークル


第9話の「早太郎温泉 こまがねの湯」でつい寝込んでしまったリン。キャンプ場を目指すが、千明となでしこの手助けで無地にキャンプ場で到着。リンは上伊那の夜をソロキャンで満喫する。


今回で随分と距離が近づいたリンと千明。早速千明がクリスマスキャンプに誘うと「断る」と一蹴される。しかし・・・。


そしていよいよ、野クルのメンバー、そして斎藤とのクリスマスキャンプの計画会議が始まる。校庭で焚き火を囲んでのミーティングとしていると、赴任してきたばかりの鳥羽先生に注意されてしまうハメに。でも、その事がきっかけで、鳥羽先生は野クルの顧問の先生になることになってしまう。


■みんな肉まんだいすき

こまがねの湯でうたた寝してしまったリン。慌ててバイクを飛ばしてキャンプ場に向かっていますが、


「あっ、そうだ!アレ買っとかないと!」


とコンビニに立ち寄ると、


「ジューシー豚まんひとつ下さい」


とお買い物をします。急いでいてもこの心の余裕。さすがソロキャンパーですね!


ちなみにこのジューシー豚まんは、目的地の陣馬形キャンプ場でホットサンドのプレートで焦げ目をつけてから食べてました。おいしそー!


そして同じ頃、バイトが終わったあおいも、


「肉まん買ってかえろー」


と言いながら帰宅していました。みんな、肉まんが大好きなんですね。


 


■シマリンの素直じゃないところがかわいい

ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」感想コラム【連載】画像引用元:©あfろ・芳文社/野外活動サークル


前回と今回で、リンはなでしこと千明にサポート受けて、随分と距離が近づいています。リンは千明の事を


「あいつ、苦手なんだよなー」


なんで言ってましたけど、最近のリンと千明のやりとりを見ていると、随分と仲がよくなって来ています。なでしこも前話でリンもクリキャンに誘いたいと言っていましたね。


そこで、この二人の距離感を利用して、千明はリンに勝負を賭けました!


「今度 野クルでクリスマスキャンプするんだけど、シマリンも来ないか?」


「それは遠慮しとく」


一瞬いい雰囲気でしたが、あえなく却下。この千明とシマリン。なかなかいいコンビですね。


しかし、斎藤さんのフォローもあり、リンも野クルのクリキャンに参加する(?)事になりました。メールで千明に、


「やっぱりキャンプかんがえとく」


このリンの素直なのに素直じゃないところ、とってもカ・ワ・イ・イですね!


■みんなでクリキャンだ

ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」感想コラム【連載】画像引用元:©あfろ・芳文社/野外活動サークル


よし!やったー!やっとみんなが揃ってクリスマスキャンプする事になりました。斎藤さんも、斎藤さんのワンコの「ちくわ」もキャンプに参加ですよ。アニメを見ているだけなのに、まるで自分がこのクリキャンに参加するかのように、なぜかワクワクしてきます。これがゆるキャンマジックというやつですか?


それにしても斎藤さん、初めてのキャンプで45,000円のお高いシュラフを調達していて、千明も思わず拒絶反応の鼻血を出していました。斎藤さんのお父さんは理解のある人なんですね。羨ましい・・・。


そして、今回はもうひとり、野クルのメンバーに加わりました。四尾連湖で出会ったスーパー酔っぱらいキャンパーこと、鳥羽先生です。鳥羽先生は野クルの焚き火ミーティングを何も知らずに注意したために、野クルの顧問を引き受ける事になってしまいました。だからクリキャンへは顧問として参加です。


どうですか!最終回に向けて、メンバー全員が揃いましたよ!ヤッたー!!


■ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」の感想

ゆるキャン△ 第10話 「旅下手さんとキャンプ会議」感想コラム【連載】画像引用元:©あfろ・芳文社/野外活動サークル


気がつけけばもう第十話なんですね。リンとなでしこから始まったこのゆるキャンも、あと数話で終わってしまうのかと思うと、とっても残念です。


でも、今回の第十話ではやっとメンバーみんなが集合しましたね。次回の題名は「クリキャン」となっているので、クリスマスキャンプ直前まで描かれるのでしょうか?楽しみです。


そしてリン。みんなとキャンプに行ってくれるようになったのは、視聴者の立場からはとても楽しみなのですが、ソロキャンプで一人夜景を見つめるリンの姿も、最近は「いいな〜」と思い始めています。一人で決めて、一人で行動する。それがリンとソロキャンの良さでもあるのかな?と思うようになりました。


今回も製作サイドの遊び心が満載でしたね。焚き火を囲んだ野クルミーテングのシーンで、リンから送られてきたメールに朝霧高原でのキャンプの提案がされていましたが、そのメールにサイトのアドレスが書かれていましたよね。皆さんあのサイトにアクセスしてみましたか?


http://asagiri-kougen.camp


リンクを貼っておくので、一度リンクを辿ってみて下さい。遊び心満載で、ほっこりしますよ。それと今話では千明となでしこの電話番号が出ていましたが、コールしてみた人がいるようですよ。結果は、「接続できませんでした」と表示されるようです。よく見たら、電話番号の桁数が足りないかな?


ゆるキャン△ 週刊感想コラムのまとめ





(あにぶ編集部/とちろうこ)
カテゴリ