奇跡は俺たちが作る!月海奪還大作戦

奇跡は俺たちが作る!月海奪還大作戦

2018年3月12日(月)放送 第9話あらすじ


■奇跡は俺たちが作る!月海奪還大作戦





倉下月海(芳根京子)は鯉淵蔵之介(瀬戸康史)や“尼〜ず”が映りこんだテレビ番組を見た。『天水館』に帰って来いという仲間の気持ちが伝わり涙する月海。そんな月海にカイ・フィッシュ(賀来賢人)は戻りたければ戻っても良いと告げる。ただし、月海が戻れば『天水館』は取り戻せなくなるとも。月海はカイに従うしかない。





白いシャツに着替えさせられた月海はカイに雇われたデザイナーたちが集うサロン『CUBE』へ行く。オシャレ女子たちにドレスのデザイン画を見られる月海。すると彼女たちからカイに必要なのは利益になるデザインだと言われてしまう。月海のデザインはゴミにすぎないと。訂正しろと憤る月海をファヨン(伊藤ゆみ)が連れ出した。





ファヨンは在庫として売れ残った服が大量に置かれた倉庫を月海に見せ、全てを燃やしてしまうのだと教える。売れ残った服を安く売ったら、それを買った客は次回から定価では買ってくれないという論理だ。もちろん、月海には理解できない。





蔵之介と修(工藤阿須加)は月海を探す方法を花森よしお(要潤)と杉本(浜野謙太)に相談。杉本はカイの会社が行う来シーズンのショーモデルのオーディションに潜入して月海の居場所を探るよう提案した。蔵之介はオーディション会場へ。修も行きたかったが、イタリアに行っていた間に溜まった仕事をこなさなければならなかった。一方、“尼〜ず”たちはジジ様(木南晴夏)の考えで自立のために仕事を探し始める。





蔵之介がオーディション会場につくと、稲荷翔子(泉里香)もいた。稲荷は修に頼まれて蔵之介をサポートしに来たのだ。しかし、なぜか俄然やる気の稲荷。だが、ショーモデルの合格ラインに届いたのは蔵之介だけだった。蔵之介はディレクターからカイの居場所を聞き出すことに成功する。





カイに会うため教えられたホテルに行った蔵之介だが、部屋番号がわからず迷っているうちにファヨンに見つかってしまう。蔵之介は月海の居場所を聞くのだが、当然ファヨンが教えてくれるはずはない。その時、ファヨンはなぜ月海を取り戻したいのかと蔵之介に尋ねる。思わず恋人だと蔵之介が答えると、ファヨンは少し安堵したような表情を見せた。





カイと食事をした月海は『CUBE』に戻される。そこにファヨンが来て蔵之介のことをカイに話した。月海を残して部屋を出るとファヨンはカイに本当に月海をシンガポールに連れていくのかと聞く。そして、月海の才能はカイの会社にはそぐわないと訴えるファヨン。しかし、カイは月海とならこの世界さえ変えられると受け付けなかった。





蔵之介が『天水館』に顔を出すと人の気配がない。そこに洋装の千絵子(富山えり子)が出てきた。千絵子は“尼~ず”たちは仕事に出かけたと言う。そして自分も働きに行くと出かけてしまった。ジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)たちも、それぞれが見つけた職場で四苦八苦しながらがんばっていた。月海が戻って来た時のためにも自分たちが自立していたいという“尼~ず”たち。その思いを知った蔵之介は、月海奪還のための気持ちをさらに強くする。





月海はファヨンから、カイのショップで展開するファッションを教えられていた。その時、ファヨンから自分が着たいと思う服で良いから描いてみるよう言われた月海は“尼~ず”たちを思い起こす。そして、自分が作ってみたいのは“尼~ず”のみんなが着てみたいと思う服だと気がついた。





蔵之介は月海がカイに連れて行かれた日にパスポート申請していれば、受取日がいつかを想定。その日に、都内のパスポートセンターで待っていれば月海が現れると“尼~ず”たちに話す。しかし、パスポートセンターは一か所ではなく“尼~ず”と蔵之介、修だけでは手が足りない。蔵之介は花森や稲荷たちにも協力してもらい、手分けして月海を探しに向かった。



パスポートセンターでは、なかなか月海は見つからない。最後の手段は、空港で探すことだが、成田空港と羽田空港、どちらを使うのかがわからない。すると、ジジ様と稲荷は月海らしい人物に会った少女から、成田に向かったと聞き出すことに成功。


みんなの力を借りた蔵之介は、なんとか成田に着いた。しかし、シンガポール行きの便は最終搭乗案内が始まっている。蔵之介が空港スタッフともめているうちに、飛行機は飛び立ってしまった。



蔵之介がロビーでうなだれていると、修が駆けつけた。ダメだったと悔しげに修に話す蔵之介。と、その時、蔵之介に声をかける女性がいた。月海だ。ファヨンが月海を解放してくれたのだった。





その夜の『天水館』では月海奪還成功のパーティーが盛大に行われた。



慣れない仕事や月海探しで疲れた“尼~ず”が寝落ちしてしまうと、修は蔵之介にイタリアでリナ(若村麻由美)と会い、クラゲのドレスを渡してきたことを話す。そして修は月海にクラゲの指輪を渡して、いきなりのプロポーズ。



そして、次の日“尼~ず”たちは自ら『天水館』を去って行った。


期間限定無料見逃し配信はこちらから


■番組情報


<タイトル>



『海月姫』


<放送日時>



2018年1月スタート毎週(月)21時から放送中


<出演者>



芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子 他



カテゴリ