男性に愛される性格になる秘訣とは

男性に愛される性格になる秘訣とは

いつもニコニコしているあの子。


皆に好かれてうらやましい!それに比べて私は…。


愛される性格になるにはちょっとしたコツが必要。


コツを掴んで理想の自分に近づきましょう!



愛される性格は考え方から作る


よく雑誌やコラムに、やっぱり性格の良い女の子はモテる!という形で特徴が書いてありますよね。


「怒らない」とか「イライラしない」とか「人の悪口を言わない」とか「お礼が言える」とか「気遣いができる」とか。


それができるならやってます! って言いたいですよね。


そこで、それができている女の子にインタビューしてみました。


そこには意外な考え方のコツがありました。


悪口やきつい言葉は体調不良?


悪口や嫌味な言い方をされても、ニコニコしている人は、人の感情はいつでも一定ではないことをとても良く理解しています。


気分が良くない時、体調が悪い時は、親しい人にもついきつく言ってしまうこともあります。


そして、自分だってそういう時がある。と思っています。


だから傷つくことを言われた時、怒るとか悲しむのではなく、言った人の調子が悪いのかな?


気分が悪いのかな?という風に相手を心配しています。


つい、理不尽な事に怒ってしまいそうになった時、「もしかしたらあの人、調子が悪かったのかも?」と思うだけで、気持ちが変わるかもしれません。


実は他人にあまり期待していない


人に対して怒ってしまうのは、心のどこかで相手に対して「◯◯してくれそう」「◯◯してくれなきゃ嫌だ」という期待を持っているからです。


あまり怒らない人は、何かする時はとりあえず全部自分でやろうと思っています。


周りの人に何かをしてもらうことは、基本的に期待していません。


その上で、誰かが何かしてくれた時は、「親切な人が助けてくれた。」という風に考えています。


すると、自然と人がしてくれたことに対して感謝の気持ちが湧いてきます。


ちょっとドライな考え方かもしれませんが、こう考えれば、小さなことに対しても、ありがとうという言葉が出てくるでしょう。


調子が悪い時は行動をセーブする


予定が詰まっている時、あまり体調が良くない時、気分が晴れない時、彼女は自分の行動をセーブしています。


いつもニコニコしている人でも、そういう時は、誰かに冷たく当たってしまう可能性があるからです。


「なんだか体調悪いな」、と感じたら、すぐにスケジュールを見直してリスケジュールできるものは後日に回します。


完璧なパフォーマンスができない自分が人に会うのは失礼にあたる、と考えているからです。


その代わりにリスケジュールした相手にはちゃんとお詫びをして、後日丁寧にもてなすように心がけているようです。


 


やっぱり人が好きだから


愛される性格の人が常にニコニコしているのは、常に自分がどういう気持ちなのか知っているからです。


人間は完璧ではないので、調子の悪い時はそれをオフの日に隠して、良いところだけを皆に上手に見せているのです。


でもその本心は、やっぱり人が好きで、そして好かれたいという、誰もが持っている普通の気持ちから。


愛されてみたい。その気持があることが、誰からも愛される性格になる第一歩かも知れません。(はせハルカ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ