ちょっと厳しい現実!事実をもとにした恋愛の法則3つ

ちょっと厳しい現実!事実をもとにした恋愛の法則3つ

男性も女性も、モテるにはモテる理由、モテないにはモテない理由があります。


恋愛がうまくいかない理由は、その理由を知らなかったり、知ろうとしないことにあるのかなって思います。


確かに理由を聞くのは、少し痛いかもしれないけれど、ちゃんと自分のことが分かれば、素敵な恋愛が見つかる可能性がグッと高まりますよ!


ここでは、事実をもとに恋愛がうまくいく法則!をお伝えしますね。



①男性にも女性にも恋愛の賞味期限がある


衝撃的かもしれませんが、男性にも女性にも「モテなくなりはじめる」年齢が確実に存在します。


統計的にみると、男性は35歳、女性は30歳です。35歳を過ぎた未婚男性が将来的に結婚できる可能性は10%未満。


女性については、30歳で一気に結婚できる可能性が低下します。


29歳と30歳、実際には1歳しか変わらないのに……。一気に男性から声がかかりづらくなってきます。


私の性格や容姿に問題があるのかな? と悩む前に一番大きい要素は年齢だとおもってください。


もし、すでにその年齢を超えている場合、逆に開き直りましょう。


あなたがモテないのは年齢のせい!


あなた自身の人間性に何にも問題があるのではないと。そう考えると、大胆に行動ができます。


②男性は収入と顔で判断され、5歳以上年下の人からはモテない


あえて男性のことを書く理由は、相手(男性)のことを知らないと恋愛がうまくいかないからです。


たとえば、Facebookを活用したお見合いアプリを使った、30代後半の男性の話では、自分より5歳以上年下(つまり彼からすると30歳未満となります)の女性からは一切声がかからなかったそうです。


彼は標準的な収入とルックスを持つ、ふつうの男性なのですが、彼が望む「20代」の女性からは返事がまったくなかったとのこと。


逆に考えると、女性にとって、同年代の男性の競争率は高いですが、年がある程度離れた男性の競争率は低いと言えます。


もし、歳の差が離れた人との恋愛に抵抗がないのなら、年が離れた人との出会いを探すのもありですね!


③男性も女性も自分と同レベルの人と付き合う可能性が高い


収入や社会的なステージについて、誰でも自分と近しい人と付き合う習性があります。


シンデレラのように灰かむりと王子様が両思いになるケース、は実際の社会にはまずないのでしょうね、、、


つまり、自分と付き合う可能性があるのは、自分と同じような社会的ステータス、近しいコミュニティに所属している人なのです。


恋愛がうまくいかない、と思う人は、まず、自分がどういうポジションにあるかを客観的に考えてみるといいです。


プロ野球選手の妻にアナウンサーや芸能人が多いのは、それは彼ら・彼女らは同じステータスに位置するからです。


うまくいく恋愛を見つけるためには、自分とほぼ同じポジション、もしくは上下あまり差がないポジションの人と仲良くなるとよいでしょう。


もしくは、いい人と出会いたいのなら、自分のポジションを上げるために仕事や自分磨きをすることが求められます。


少し冷静に、客観的に自分を見つめて、相手のことを知るだけで、恋愛がうまくいく可能性が高まります。


悩む前にちょっとだけ自分を他人の目で眺めてみましょう。


(愛カツ編集部)


カテゴリ