TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8 感想コラム【連載】

TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8 感想コラム【連載】

 TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8は放課後のシーンからスタートです。竜一がロッカーを開けるとそこには1通の手紙が入っていた!いつもと違う日常に激しく同様する竜一。ピンクの封筒に入ったラブレターを竜一が手に取ると、クラスメートの男子がどこからともなく湧いて出てきて問い詰めます。


「鹿島それ、ラブレター?ラブレターかよ!」

「うぁ~!!ラブレターなんてずるっー!って誰から?なぁ?」

「下駄箱にラブレターなんて初めて見た!牛丸さん、牛丸さんからか?」


少し離れたところに雪と友達がその話を聞いていて、雪の友達が「雪…!?」と尋ねると「わ、わたしじゃ、私じゃない!」と動揺しながら答えていましたね。


「えー雪じゃないんだー!なんだぁ…」


と残念そうにする友達の横で「だれー!?やっぱり特進クラスの猪又さん?」とショックを受ける雪でした。


最初は絶対男子たちのいたずらだと思ったんですけど…違いましたね、ガチのやつでした!


Contents

1 動揺する竜一2 何でもお見通しの犀川3 虎太郎が行方不明に4 お祭りのお誘い5 TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8の感想
■動揺する竜一

竜一は顔が赤かったので、保育ルームの子どもたちに「タコ」と言われてしまいます。兎田には「竜ちゃん、風邪!?体温計出そうか?」と心配されて、それを聞いた虎太郎は竜一のもとにブランケットを持ってきてくれます。


「いや、本当に風邪じゃないって、心配しなくていいよ、虎太郎」


と言う竜一でしたが、子どもたちに本を読む時に本を逆さに持ったり、美鳥ちゃんのオムツを替える時にベビーパウダーを落としたり、みんなとお散歩で外に出る時に上履きのままだったりと、すべてがうわの空の竜一でした。


いつもの竜一だったら考えられないようなミスを連発してましたね…よっぽど動揺してたんでしょうね。


■何でもお見通しの犀川

家に帰ると晩御飯に赤飯が出ていましたね。犀川が「おめでとうございます!竜一様」と言うと、理事長が「何だい!何かめでたい事でもあったのかい?」と尋ねたので、犀川が


「はい、本日、竜一様が初めて愛のお手紙をいただい…」


と言おうとしたので、「何でも、何でもないです!」と慌てて止める竜一だった。ふと、疑問が湧いたのですが…なぜ犀川はラブレターの事を知っているのでしょうか…?


■虎太郎が行方不明に

画像引用元:©時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」製作委員会


次の日、虎太郎と一緒に登校する竜一は、昨日貰ったラブレターの返事を考えながら歩いていました。そのせいか、虎太郎と手が離れた事に気がつかなくて虎太郎がどこかに行ってしまうという事態が発生。


竜一は、慌てて辺りを探していたら、まりあと雪に相遇して、まりあに


「弟…虎太郎見なかった!?オレが手を離したせいで気がついたら…あいつ、いなくなってて!」


と尋ねますが


「見てないけど…」

「そっか…ごめん!ありがと」


と急いでその場を立ち去ろうとします。しかし、まりあに


「待ちなさいよ!そんな青い顔して自分のせいだなんて言う前に他に言う事あるでしょ!」

「私だって探すわよ!文句ある?」


と言われ、雪も


「わ、わたしも、私も一緒に探させて!この辺ならずっと住んでて詳しいし、絶対見つかるよ!」


と言い、二人と一緒に探すことに…。


まりあも、もうすこし言い方があるような気がするんですが、まぁ中々素直に言えなのが、まりあらしさでもあるんですけどね…


■お祭りのお誘い

TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8 感想コラム【連載】画像引用元:©時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」製作委員会


Bパートはお祭りがテーマです。理事長宅に電話が掛ってくる。犀川が電話に出るのだが、なにやら怪しい息づかいが聞こえる。すると電話の向こうから叩かれる音が…電話の主は鷹くんなのですが、人見知りをして電話口で上手く話せない様子。


「あぁん!?人見知りすんなら自分で掛けるとか言うんじゃねーよ!」


と狼谷に叩かれていましたね。鷹くんかわいそうだけどカ・ワ・イ・イ。


犀川の反応も、


「私のパンツの色でしたら黒ですが、何か?」


変態への電話対応をしてくるところがいい味を出しています。


結局のところ、電話の内容はみんなでお祭りに行こうとのお誘いの電話。鷹くんと虎太郎、みんなは一緒にお祭りへ行くことになりました。が、そこで鷹くんは事件を起こしてしまうのです。


■TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8の感想

TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その8 感想コラム【連載】画像引用元:©時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」製作委員会


下駄箱にラブレターが入ってましたが、ああいうのを見つけるのって登校の時が多い気がするんですけど、この作品では下校の時だったので珍しいなと思いました。


最初、あのラブレターは前回の話で雪が竜一の事を気になっていると言うのを聞いていた男子たちのいたずらだと思いましたが、ガチのやつでした…竜一は何気にモテてますね!


それをタイミングがいいのか、悪いのか雪が見てしまって、もしかしたらまりあが出した物かと動揺してましたが、まりあはそういう事をするタイプじゃないと個人的には思いました。

ラブレターをもらった竜一の動揺も凄くて、真っ赤でしたし、保育ルームでも普段しないようなミスを連発していて、特に美鳥ちゃんのオムツを替える時にベビーパウダーを盛大にこぼしていましたが、美鳥ちゃんは大丈夫だったのでしょうかね。


竜一が家に帰ると晩御飯に赤飯が出てきて、何故か犀川はラブレターの件を知っていました。虎太郎が1人で竜一にお弁当を届ける回の時も最後にどっからか犀川が現われたので、いつも二人を監視と言うか見守っているのでしょうか。


次の日、虎太郎と手をつなぎ登校していました。前から思っていたんですけど、虎太郎と手をつないで歩くと、竜一の体勢がキツそうです!抱っこして歩いていたら方が早そうですし、どこかに行ってしまう事もなかったでしょね!まぁそうなると今回のお話が台無しになるんですけどね…。


お祭りに誘うパートで鷹くんが人見知りして中々名乗らなくて、息づかいしか聞こえなかったので犀川が言った冗談が面白かったです!あと虎太郎の電話の持ち方が可愛くて、しかも頷いて頭を打ってしまう少しぬけてる所も愛らしいですね。


八話は竜一が虎太郎の大事さに改めて気づかされた前半パートが「うるっ」ポイントだと思います!


文章:kyouei-弥生いろは


TVアニメ『 学園ベビーシッターズ 』その7 感想コラム【連載】





(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ