段取りが大事!本気の恋につながる合コンセッティング

段取りが大事!本気の恋につながる合コンセッティング

ビジネスの段取りがいかに大事か表す言葉として「段取り八分」があります。


段取りがしっかりできていれば、その仕事は8割仕上がったと同じ!というもの。合コンだって同じです。


いきなり二人だけのデートに誘うのはちょっとハードルが高い……。


そんなときは「みんなで合コン」でもいいからどうにか次につなげておきたいものです。


本気の恋につながる合コンはセッティングの段階から始まっているんです!



口が裂けても合コンと言うな


本気の恋につなぐなら、ただ「合コンしましょう」と誘うのは失敗のモト。


「合コン」と聞くと無意識に恋人候補を探すことが目的になるため、参加メンバーを見る目が減点方式になります。


必要以上にチェックが厳しくなり、いいところに目を向けることができなくなってしまうものです。


本命の恋には慎重さも必要ですが、目を曇らすほどのマイナス思考は不要。


はたから見ればどんなに「それ合コンだろ」という状態でも「ごはん会」「飲み会」のように合コン以外の言葉に言いかえてください。


気を抜かないで!人数設定がキモ


人数設定は合コンを成功させる最初の関門です。


鉄板は3:3のメンバー構成。これが同性内でのキャラ立てがしやすく、かつ異性側全員と会話が行き届く人数です。


4:4では会が散漫になりやすく、2:2ではいかにも紹介!という感じで恋愛品定めモードに入ります。


さらに偶数メンバーだと、話が弾まない時に同性同士で話し込んでしまい、単なる相席状態になることも。


同性の数が奇数のメンバーなら、女性2人で固まると、もう1人は自然と男性と話す事になるため、お互いに「抜け駆けさせるか!」と適度な緊張感を保てます。


店選びはココだけ気にして!


料理がおいしい、ゆるく座れる座敷、お酒の種類が豊富……。それも確かに大事です。


でも、合コンで意外と多いのが関係ない人による横槍。


あなたもほろ酔いでトイレに立った時などに他のグループの人に話しかけられた事はありませんか?


よそのグループの席チェックをしている人は意外に多いのです。


気になる人が他のテーブルの人にチェック&ナンパされないよう、個室で囲い込むのが不測の事態を避けるコツ。


「全員モテる」もアリ!メンバー選び


3:3のやや小規模な合コンなら、各メンバーのキャラ立てが大事。


初対面でも印象に残りやすくなり、結果、恋の成約率も上がるはず。


あなたがアラサーでも、ココで学ぶべきはアイドルユニット。


アイドルユニットの定石であるこんなキャラクター割を意識すると効果大です。


(1)ニュートラルなカワイイ系


(2)正統派の美形


(3)美人・可愛いかと聞かれれば微妙だが愛らしく憎めない


ルックス的な意味だけでなく、盛りあげ役・癒し役など、本来のキャラに沿った役割分担をしておくとよいでしょう。


必ずしもトークのうまい子で固めなくても大丈夫。


場慣れしたしゃべりの上手い女子を「合コンマスターかよ」と敬遠する男性もいます。


話すのが苦手なら聞き役に回るなど、キャラ立て優先で。


お互いの長所を潰し合うのを避けることが「全員モテる」のキモになります。


意外な落とし穴はここ!


メンバーも店も鉄板プラン!それでも失敗する合コンがあります。


それは「メンバーの目的がバラバラだった」合コン。


例えば「恋人がほしい人」と「男友達を増やしたい人」「その場が楽しめればいい、奢ってもらえればOK」というメンバーが混在する合コンは、まず間違いなく仲間割れが起こります。


本気モードの友達を「超本気じゃん(笑)」と笑ったり、他の人がいい雰囲気になってるのに「帰る!!」と強引に主張するなどの行動は自分だけでなくほかのメンバーの邪魔になる行為。


合コンはチームワーク!息を揃えて臨みましょう。


「合コンは真面目な出会いじゃない」なんて敬遠していたら損!本気の恋につながる合コンは戦略次第。


プランニングはしっかり、でも顔には出さない強かさが大事です。(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ