おうちにいながらレストラン気分!飛騨の桜を使ったテーブルウェアで“丁寧な暮らし”を実践したい♡


シンプルで洗練されたデザインのテーブルウェアは、盛り付けるお菓子や料理をより美味しそうにみせてくれるもの。



SNS映えを狙うなら、おうちにいくつあっても足りないほどですよね!



飛騨の桜を使ったモダンなテーブルウェアが登場





今回ご紹介するのは、和に寄り添いながらもモダンでスタイリッシュなテーブルウェア。



樹齢60年物の飛騨の桜を使った、美しい杢目(もくめ)が目を惹きます。



桜本来の美しい素材感を楽しめるよう、デザインは和食器に多い曲線を使わず、あえてフラットに仕上げているのがこだわり。





「桜皿28cm」(8,424円)は、職人が一枚一枚丁寧につくった一枚板のお皿です。



天然木なので、使い込むほどに味わい深さがでてくるのも魅力のひとつ。



レストランにいるようなおうちディナーが演出できます♩



“丁寧な暮らし”が演出できそう♩





「桜コースター」(1,296円)は、どんなカップにも合わせやすいシンプルなデザイン。



北欧のテキスタイルとの相性も良さそうです♡





フラットなので、お茶うけのお菓子を盛り付けてもよし。



ちょっとしたことで、“丁寧な暮らし感”がグッとアップするんです。



手にしっくりとなじむお箸も魅力的





この他、軽くなめらかな手触りと木肌のきめ細かな「桜箸」(2,160円)も。



手にしっくりとなじみ、普段使いにぴったりです。





ちなみに、お皿やお箸にさりげなくあしらわれた文字は、江戸文字の一つ「角字」にインスパイアされたプロジェクト「真四角」が手がけたもの。





シンプルなアイテムのアクセントになっています。



春の新生活に、気分の上がるテーブルウェアをGetしてみてはいかが?



真四角

https://www.mashikaku.co/



カテゴリ