意識しちゃう!男が「恋愛対象」として見るようになるキッカケ

意識しちゃう!男が「恋愛対象」として見るようになるキッカケ

男性はどういったことがキッカケとなって、女性のことを「恋愛対象」として意識するようになるものなのか。


その点を理解することができると、気になる男性とも恋愛関係に発展させやすくなるはずです。


そこで今回は、男が「恋愛対象」として見るようになるキッカケを紹介します。



■「ふたりきり」になることが増えた


女性とふたりきりになったときは、男性はやはり心のどこかでちょっと相手のことを意識してしまっているもの。

なので、単純にふたりきりになる機会が増えたら、だんだん男性の中でもあなたのことが特別な存在になっていきやすいです。


会社や学校から一緒に帰ってみたり、相談を持ちかけて食事に誘ってみたり、とにかくふたりきりになれる時間を少しでも多く作ることが大事。

みんなの前では見せないような顔を、ふたりきりのときにだけ見せてあげたりすると、男性の心を確実に揺さぶれますよ。


■「弱さ」も受け入れてくれた


男性だって、落ち込んだり弱ったりしているときは、女性に慰めたり癒してほしいと感じるものです。

ただ、やはり女性の前ではどうしてもカッコをつけたりいいところを見せようとしたりと、見栄を張ってしまいやすくもあります。


だからこそ、弱い部分を見せることができて、それをちゃんと受け入れてくれるような女性には、心を許すことができるはず。

弱い一面を見ても引いたりせずに、さりげなくフォローしてくれたりする女性には、「こんな女性は他にはいない」と感じたりもするでしょう。


■「女子力の高さ」を目にした


やっぱり女子力の高さを感じる瞬間は、間違いなく“女”を意識する瞬間でもあるので、男性はドキッとしやすいです。

料理が得意だったり、ササッと後片づけができたり、ハンカチやティッシュ、裁縫道具などを持ち歩いていたり…。


何気ない行動の中に、そういった女性らしさを感じると、「こんな子が彼女だったらな」なんて思ったりもするものです。

ただ、あからさまな女子力アピールは鼻についたりもするので、当たり前のように行動をすることが大事かも。


■相手の「好意」を感じた


男性が特に気にもしていなかった女性のことを、一気に意識するようになる最も大きなキッカケは、相手からの「好意」を感じたときです。

「俺のことが好きなのかな?」と思うことが多くなると、その女性の存在が頭の片隅から消えなくなったりもするもの。


積極的に話しかけてみたり、定期的に褒めたり頼ったりしてみたりと、少しずつでいいのでアクションを起こすようにすると、男性のあなたの見る目も変わってくるはず。

ガツガツとアプローチしまくるよりも、好意をちょっとずつ見せるくらいの方が、男性のスイッチも入りやすいですよ。


おわりに


気になる男性がいるのであれば、まずは「恋愛対象」として見てもらうことが最優先事項でもあります。そこをクリアしないと、恋人にはなれないでしょうから、ちゃんと意識させるような行動を取ることが大切ですよ。 (山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ