この子はやめておこう…。彼に浪費家と思われてしまうポイントとは?

この子はやめておこう…。彼に浪費家と思われてしまうポイントとは?

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。


結婚を考える男性の多くが【NG】と感じるポイントのひとつに、“浪費家”が挙げられます。


では、どんなポイントから浪費家ジャッジをするのでしょうか?


今回は“彼に浪費家と思われてしまうポイント”をご紹介します。



■買う基準って?


一緒にウィンドウショッピングをしている時などに、「安い〜!買っちゃおう」と購入していませんか?


どうしても欲しいものじゃないのに【安いから】という理由で『なんとなく買わないと損』な気持ちになってしまうタイプ。


「安かったんだよ」と、毎回いつも違う服を着て、バッグや靴をたくさん持っていると、「必要じゃないものに気軽に浪費しそう」と思われてしまうかも。


■ネイルやマツエクをいつもしている


彼にはいつでも「カワイイ」と思われたいですよね。


しかしネイルやマツエクの値段を知られてしまうと、彼は引いてしまうかも。


実際に筆者も食事先のカップルのやりとりで「爪かわいいね、いくらぐらいするの?」「ありがとう♪ ◯千円くらいだよ」「え。」と、


その彼氏が引いた瞬間に遭遇したことが何度もあります。


■彼よりも遊びの予定がギッシリ


飲み会、女子会、グルメ会など、とにかく遊ぶ回数が多い。


充実しているキラキラ女子は素敵かもしれませんが、「遊びにお金使いすぎ」と彼に思われてしまうと結婚相手から遠のいてしまうかも。


■「給料日前だから」という発言


「いま金欠で」「給料日前だからキツイ」などの発言をうっかりしているなら要注意。


このセリフは『お金の管理が私はできない人間です』とカミングアウトしているようなものだからです。


いかがでしたか?


もちろん、ネイルやマツエクを良しとする男性もいますし、「オシャレにお金をかけるのは投資」という価値観の男性もいます。


ただ、多くの男性は“浪費してそうな行動”をこころよく思いません。


結婚相手ナシ判定されてしまわないように、今回の記事をお役立ていただけたら幸いです。(森野ひなた/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ