「華麗なる詐欺師 今夜の標的は強欲非道ゴッドファーザー」

「華麗なる詐欺師 今夜の標的は強欲非道ゴッドファーザー」

4月9日(月)放送あらすじ


■コンフィデンスマンJP 第1話





ダー子(長澤まさみ)は、天才的な頭脳と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師。 高級ホテルのスイートルームに居を構える。 破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性だ。

そんなダー子と組んでいるのは、お人よしで小心者ゆえにいつもダー子に振り回され、早く詐欺師稼業から足を洗って真っ当に生きたいと願っているボクちゃん(東出昌大)と、超一流の変装技術と生まれながらの品の良さを生かして相手を騙すリチャード(小日向文世)だ。



ダー子たちは、ホストクラブオーナーの矢代久美子(未唯mie)に妻と娘を食いものにされた中古車販売チェーン社長・石崎(山西惇)と組んで久美子を騙した。 “夜桜の麗”ことダー子が闇カジノのオーナーに扮し、ボクちゃんはホスト“心人”として久美子に接近。 リチャードは、暴力団の構成員で闇カジノの丁半博打で壺を振る“政吉”役だ。 段取りは、政吉を買収した久美子が勝ちまくったところに、警察に扮した石崎とその部下らが踏み込む、というものだった。 作戦は見事に成功し、ダー子たちは久美子から1億円をせしめた。 上機嫌の石崎は、その金と、見せ金に使った自分の1億円の合計2億円を持って帰路についた。 が、アタッシュケースの中身はいつの間にか大量のぬいぐるみに入れ替わっており……。 ダー子たちの仕業だった。








そんなダー子が新たなターゲットとして目を付けたのは、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)。 表の顔は文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士だが、その裏では経済ヤクザとして暗躍し、日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男だった。 赤星は何よりも仲間を大切にし、そのファミリーは鉄の結束で結ばれているとも言われていた。



ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測。 貨物船舶の船長に扮したリチャードを赤星に接触させる。 ところが、何故かその正体がバレてしまったリチャードは瀕死の重傷を負い、病院に収容されてしまう。 詐欺師稼業を止めて一度はダー子のもとを離れたボクちゃんは、知らせを受けてリチャードの敵を討つと決意する。





ダー子は、持ち前の頭脳を活かして格安航空会社・ライジングエアラインのCAになった。 ボクちゃんは、その航空会社社長のドラ息子、という設定で赤星に接触し、何とか赤星を騙すことに成功する。 ボクちゃんが裏金を海外のカジノで増やすために、ダー子扮するCAや保安検査員を買収し、大金を持ち出していると思いこませたのだ。





ダー子とボクちゃんは、いわき空港で赤星たちと合流した。 ここから、チャーター機でマニラへと向かう予定だった。

そこに、国税庁査察部に扮したちょび髭(瀧川英次)らダー子の仲間がやってきて赤星たちを止め、持っていた20個のアタッシュケースを押収しようとした。 だが、その中身はすべて旅行用品だった。 赤星が、駆けつけた空港警察官にちょび髭たちの身分証を確認するよう依頼すると、ちょび髭たちは慌てて逃げ去った。 するとそこに赤星の別の部下たちが現れ、旅行用品が入っていたアタッシュケースを現金が入ったものと交換する。

赤星とその部下たちは、現金が入ったアタッシュケースを機内に持ち込み、座席につく。 ほどなくチャーター機が飛び立つと、赤星は、情報が漏れた場合にはダー子とボクちゃんの仕業だと判断する、と予め警告していた話を切り出して微笑む。





その時、突然衝撃が襲い、機体が激しく揺れ始めた。 バードストライクですべてのエンジンが停止したため、最寄りの空港へ不時着するという。 機長は、安全な着陸のために機体の重量を軽くする必要があるとして、乗客に手荷物の放出許可を求めた。 即座にダー子たちCAや、機内にいたパーサーは、赤星の荷物を取り出し、それを外に放り出した。 そのパーサーはリチャードだった。



リチャードに気づいた赤星は、はめられていたことに気づく。 ダー子は、荷物が鳥取砂丘に落ちたことを赤星に告げると、ボクちゃんやリチャードともにパラシュートで脱出しようとした。 赤星は、そんなダー子からパラシュートをはぎ取ると、部下たちに金を取りに行くよう命じる。 だが、赤星の部下たちは誰も動こうとはしなかった。業を煮やした赤星は、自らパラシュートを装着し、外へと飛び出す。



何とか砂丘に着陸した赤星は、必死になってアタッシュケースを探し集めた。 だが、その中身はすべて紙切れだった。



同じころ、チャーター機の中では、ダー子たちが赤星から奪った金をばらまき、歓声を上げていた。 残された赤星の部下を除く機内の人間全員が、“子猫ちゃん”と呼ばれるダー子たちの協力者だった。 空港も作り物なら、空港の職員もすべて子猫ちゃんだった。



ダー子は、赤星には他人を信頼する心そのものがなく、人を支配することにしか興味がないことを見抜き、リチャードに代わってボクちゃんを使って、赤星をはめたのだった。 実はダー子が赤星をターゲットにしたのは、お気に入りの和菓子店を赤星たちが廃業に追い込んだのが理由だった。 その和菓子店には匿名で多額の寄付があり、店を再開できていた。



リチャードは、赤星から得た金をダー子とボクちゃんに配った。 が、封筒の中身は小銭だけだった。 子猫ちゃんへの日当、旅客機のチャーター代や諸経費などで消えてしまったのだという。 するとボクちゃんは、足を洗う、といってダー子の部屋から出ていき……。





見逃し配信はこちらから


■番組情報


<タイトル>



『コンフィデンスマンJP』


<放送日時>



2018年4月9日(月)21時~22時24分 放送


<出演者>



長澤まさみ

東出昌大

小日向文世




カテゴリ