当てはまったら危ないかも!スピード離婚してしまう夫婦の特徴5つ

当てはまったら危ないかも!スピード離婚してしまう夫婦の特徴5つ

【恋愛コラム/モデルプレス】幸せな結婚をしても長く続かず、スピード離婚してしまう夫婦も少なくありません。せっかく結婚したいと思える相手に巡り会えたのに、短い期間で終わらせてしまうのは勿体無いですし悲しいですよね。そこで今回は、スピード離婚してしまう夫婦の特徴をご紹介します。あなたと彼の関係は大丈夫?

♥相手の発言にすぐ否定意見を言う

2人で話していても常に相手の意見に反対意見を言うような夫婦は、スピード離婚してしまう可能性が高いです。

これは絶対に反対意見を言うなということではなく、相手の言葉に対して「でも」「いや」と否定の言葉で返す事を指します。

こういう言い方をしてしまうとたとえ反対意見が最もだと思っても、イライラしてしまいますし話したくないと思ってしまうでしょう。

もし反対意見を言いたい場合はまず相手の意見を受け入れて認めた上で、「私はこういう考えだった」と柔らかい言い方をしてみてください。

♥スピード離婚する夫婦は束縛が激しい

スピード離婚してしまう夫婦の傾向として、お互いに束縛が激しいという点が挙げられるようです。

これは夫婦だけではなくカップルも同じで、束縛をされると心に余裕がなくなり相手に対する思いやりや愛情がなくなってしまうからです。

それに束縛されると自由がなくなり人付き合いもし辛い状況になるので、ストレスが貯まってしまうというデメリットもあります。

夫婦だからこそお互いの信頼感を高めて、束縛せずスピード離婚にならないように意識してみると良いでしょう。

♥お互いの趣味や好きなことに理解を示さない

お互いの趣味や好きなことに理解を示さないことも、スピード離婚に繋がることがあるでしょう。

もちろん詳しく理解して好きになる必要はないですが、そういうものが好きなのだと理解することが大切です。

最初から「そんなもの楽しいはずがない」とか「お金をそこに使うのは勿体無い」と否定すると、相手を傷つけてしまうこともあります。

たとえ楽しさや素晴らしさが分からなくても、否定するのではなく理解してスピード離婚を回避しましょう。

♥お金についての話をうやむやにする

お金というのは夫婦になっても重要な話題ですし、それがあやふやになっているとスピード離婚になってしまうことがあります。

たとえばお金の使い方一つでも、夫は食事にお金を掛けたいのに妻は節約したいというズレがあるとそれが大きな溝になる可能性があるのです。

また何にどのくらい使ったかということを隠すようなことも、信頼を失いスピード離婚に繋がるので気をつけましょう。

それは結婚する時に何を相手に話すべきなのか、何にお金を掛けるのかをしっかりと話し合っておくことが大切です。

♥助け合いが出来ないとスピード離婚に繋がる

結婚してもお互いに助け合いが出来ない夫婦だと、それが溝になりスピード離婚になってしまうことがあります。

たとえば家事ひとつでも疲れている時に協力してくれなかったら、悲しいですしがっかりしてしまうものです。

スピード離婚をしたくないのなら、相手の気持ちをよく考えて今どういう行動を取るべきなのか考えましょう。

もちろん助けて欲しい時は素直に言葉で示して、察してもらおうとするのはやめた方が上手くいくはずです。

そして助けてもらった時は必ず感謝の言葉を伝えて、モヤモヤが残らないようにすることも大切だと言えます。

いかがでしたか?

スピード離婚をしてしまう夫婦の特徴は、そのまま長続きしないカップルの特徴になると言えるでしょう。

人と付き合っていく上で大切なことを考えれば、相手にどうやって接するのが良いのか見えてくるはずです。

スピード離婚にならないために、思いやりを持つことやコミュニケーションを取ることは欠かさないようにしたいものです。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ