「冷酷非情の美しきリゾート女王の秘密を暴け!!」

「冷酷非情の美しきリゾート女王の秘密を暴け!!」

4月16日(月)放送あらすじ


■コンフィデンスマンJP 第2話





ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人は、ロシアンマフィアを騙そうとして失敗。彼らに追われた3人は、命からがら何とか逃げ切る。この一件で危険な目に遭ったボクちゃんは、ダー子たちとは縁を切ると宣言。真っ当な人間になるために職探しを始めたボクちゃんは、やがてひなびた温泉町にある老舗旅館『すずや』にたどり着き、住み込みで働く機会を得る。








ところがそのすずやは、2年前、隣町に桜田しず子社長(吉瀬美智子)率いる大手ホテルチェーン・桜田リゾートが出来てから経営不振が続いていた。追い詰められたすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)は、旅館を桜田リゾートに売却することを決意する。



桜田しず子(吉瀬美智子)は、短大卒業後、『桜田ホテル』の跡取りと結婚して若女将となった。潰れかけていたホテルを再生させた彼女は、ホテルをチェーン展開し、それ以降、経営難の旅館やリゾート施設を買い取っては見事に蘇らせ、業界の救世主とも呼ばれていた。だがその裏では、収賄や談合、地上げと手段を選ばないやり口で、日本の観光を牛耳ろうとしていた。

以前すずやも、桜田リゾートから買い取り話を持ち掛けられていたが、それを断った途端、口コミサイトには悪意ある書き込みが溢れたという。すずやが経営難に陥ったのもそれがきっかけだった。

しかもしず子たちは、すずやの資産価値を0円と査定し、約束していた従業員の再雇用も反故にしようとしていた。そのやり方に怒ったボクちゃんは、すずやを救うためにダー子たちに協力を依頼し、しず子から金をせしめようと決意する。





そのころしず子は、カジノを中心にした国の統合型リゾート開発を狙い、政界に食い込もうと躍起になっていた。しかし、堅物で知られる国交大臣・水内俊(前川泰之)にはコネもなく、苦戦していた。しず子は、裏仕事を手がける男・五十嵐(小手伸也)とともに、開発予定地をつかもうと動き出す。

ダー子は、猛勉強の末、桜田リゾートのインターンになり、松山美咲としてしず子に接触する。一方、ボクちゃんはおんぼろの民宿が1軒あるだけで、他には何もない島・八五郎島を訪れていた。その民宿『八五郎の宿』は、小松武雄(小野塚勇人)という若者が、宿を続けるとい条件で祖父から島ごと譲り受けたものらしい。





ほどなくしず子は、水内大臣の地元である真鶴周辺のゼネコン業者が、連日会合を開いていることを知る。さらにしず子は、ダー子が真鶴にある松山建設の社長の娘で、父親は水内の後援会長を務めていたというプロフィールに注目する。

 ダー子は、水内大臣の懐刀だという私設秘書・鶴田哲五郎に扮したリチャードとひと芝居うち、リゾート施設の建設地が真鶴に決定したというニセ情報をしず子に信じ込ませる。そこでしず子は、真鶴沖にある個人所有の無人島に目をつける。それが八五郎島だった。








ダー子らとともに島を訪れたしず子は、武雄に成りすましたボクちゃんに、島を2億円で買い取りたいと申し出る。その際、大手ホテルグループのCEOの名刺を発見したしず子は、金でカタをつけようと5億円を用意するよう命じる。

 

 しず子のことが気になっていたボクちゃんは、彼女の生家――瀬戸内にある民宿『道草荘』を訪れる。働き者の夫婦が切り盛りする良い宿だったこと、経営難で差し押さえを受けたとき、いつも宿を手伝っていた小さな女の子が泣きながら「私がこのおうちを取り戻す」と言っていたことを知るボクちゃん。

ボクちゃんは、5億円を持って交渉にやってきたしず子に道草荘の話を始めると、「あなたは本当の自分をどこかで見失ったのではないか」と問いかけた。その言葉に動揺するしず子。するとそこに、五十嵐とその部下たちがやってくる。五十嵐は、ボクちゃんに不信感を抱いていたしず子の命令で、本物の武雄を探し出していた。しず子は、武雄と契約を交わし、ボクちゃんの処分を五十嵐に任せて島を去って行く。







別の日、出社したしず子は、リゾート開発地が沖縄に決定したという水内大臣の記者会見を見て驚がくする。しず子は慌てて八五郎島へと向かった。だが、そこにいたのは、知らない青年――小松武雄(島丈明)だった。

 実は五十嵐は、ダー子の仲間だった。五十嵐が連れてきた“本物の武雄”も彼の舎弟だった。ダー子は、ボクちゃんが相手に同情して計画を台無しにしないように、五十嵐たちを用意していたのだという。そこでボクちゃんは、そもそもすずやを訪れたのもダー子たちに仕向けられたものだと理解し……。







ボクちゃんは、リチャードに促されて、操のもとへと1億5000万円を届けた。が、そこで目にしたのは、料理長(高木悠暉)と抱き合う操の姿だった。ボクちゃんは、金の入ったボストンバッグを置いてそっと立ち去った。



 1年後、ダー子はリチャード、ボクちゃんとともに、生まれ変わったすずやを訪れる。名前は『桜田リゾート 鈴の音』に変わっていた。若女将は、すずやの元従業員・多美(水島麻理奈)だ。操は、ボクちゃんが置いていった金で都内にマイホームを建てて料理長と再婚し、割烹料亭を営んでいるという。



しず子は、責任をとって桜田リゾートを辞め、海辺の町で外国人観光客をターゲットにしたゲストハウス『michikusa』を始めていた。



温泉を満喫していたダー子は、桜田リゾートがすっかり気に入ったようすで……。 


見逃し配信はこちらから


■番組情報


<タイトル>



『コンフィデンスマンJP』


<放送日時>



2018年4月9日(月)21時~22時24分 放送


<出演者>



長澤まさみ

東出昌大

小日向文世




カテゴリ