自分から彼への告白をオススメしない理由

自分から彼への告白をオススメしない理由

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。


“好きバレ”という言葉を知っていますか?


それは、「相手に真剣に恋愛感情を抱いていることが、バレてしまうこと」


好きバレは、恋を成功させるにはやってはいけないこと。


今回は、好きバレがNGな理由と、それに関連して、私が個人的に“自分から彼への告白をオススメしない理由”をお伝えします。



①好きバレしていると圧倒的に不利な理由とは?


殆どの人は“相手との心地よい距離”を保つことを好みます。


たとえば、Aさんには同僚としての距離、Bくんにはプライベートでも遊ぶ距離、というように、個人別に無意識に距離を考えているもの。


例えば……あなたにとって“友だちとしてはOKだけど恋人にはムリ”な異性の顏を思い浮かべてください。


もし、その人が「あなたと恋人になりたい」という態度をむき出しにしてきたら、あなたはどう感じますか?


あなたは、きっと“重い”、“逃げたい”など拒絶してしまいたくなるはず。


好きバレしてしまうと、相手が「あなたと付き合いたい!」と思っていない限り、


相手から距離を置かれたり、「オレを好きならあわよくば……」とセフレの関係に持ち込まれてしまうかもしれないのです。


そして、いったん好きバレしてしまうとあなたが相手に対してする行動が、


「オレに好かれたくてしているんだろう」とすべて下心に見えてしまうため、


相手から恋心を抱いてもらうのがとても難しくなるのです。


②好きバレしやすい人の特徴とは?


では、好きバレしやすい人とはどんな人でしょうか?


・好意がある人とない人とでは、態度が違う

・彼だけを誘う

・彼が来るときだけ、しっかりオシャレやメイクをする

・理由をつけて彼に話しかける回数が多い


上のことに該当するなら要注意。あなたの好き、はバレているかもしれません。


③自分からの告白が、彼から奪ってしまうものとは?


好きバレするのも良くありませんが、自分から彼に告白するのはもっとオススメしません。


彼からの告白を待つほうがいい理由があります。


それは、“努力した時間が長く労力が大きいほど、手にいれた時の喜びが大きく、大切にする”からです。


自分から彼に告白することは、彼から、「努力してあなたを手に入れる」という労力を奪ってしまうことになるのです。


あなたは「友人同士のプレゼント交換会でクジで当てたネックレス」と


「欲しくて欲しくて、少し高価だけどがんばってお金を貯めてやっと買ったネックレス」


どちらを大切にしたいと思いますか?


つきあってから彼に長く深く大切にされ続けるためにも、


あなたを“欲しくて欲しくてしょうがなくて、やっと手に入れた宝物”として、


彼からの告白でおつきあいをスタートさせるようにしましょう。


「自分の気持ちに正直に!」と態度に出したくなってしまう気持ちもわかりますし、想いがあふれてしまって、彼にどうしても好きと伝えたくなってしまうのもわかります。


ですが、“両思いになって、つきあってからも大切にされたい”なら、好きバレを回避し、彼からの告白を待つほうが得策です。

(森野ひなた/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ