『モンテ・クリスト伯』笑顔も歪んだ顔も様になるディーン様!

『モンテ・クリスト伯』笑顔も歪んだ顔も様になるディーン様!

新ドラマを斬る! ドラマ好きライター座談会


■タイプの違うイケメン揃いの出演者にワクワク





ドラマ好きアラフォーライター3人組が、新ドラマを斬る! 今回は『モンテ・クリスト伯』。なぜ今この話を?と気になりつつも、出演者がイケメン揃いで期待は膨らむばかり。第1話の感想は?


■笑い、怒り、歪む。ディーン様の100面相に惚れ惚れ








犬山 1話の率直な感想を述べるなら、やっぱりディーン様がかっこよかった(笑)!



亀井 最初の方の、屈託のない笑顔が素敵でした〜。



猫田 本当にいい顔だよね(笑)。爽やかな青年もハマるし、痛みに歪む顔、今後は復讐に燃える顔も見られるわけだよね。脱獄後のオールバックにした冷徹な感じもCMで見たけどよかった。この話にディーンさんが起用された理由はそこだろうね。どんな顔でも、表情でも、様になる!



犬山 そこに尽きますね。あとはやっぱり、ここまで顔がよくて、性格がよくて、仕事もできて、好きな女性も手に入れていたら、周りから嫉妬されまくるということですね。ドラマのストーリーを体現してくれているようで、説得力がありまくり(笑)。女も怖いけど、男の嫉妬は怖いし根深い!



亀井 他のキャストも魅力的ですよね。私、新井さんが好きなんですよ。すごく雰囲気があって、美形じゃないけどかっこいいんですよね。演技力もあるし、2話以降も楽しみです。



犬山 ジャニーズ好きな私としては、大倉くんはもちろん注目です。こんな大人な役柄もハマるようになったのだなぁ、としみじみ。嫉妬して、もはや病んでるぐらいの男心がよく出てましたよね。



猫田 私は、山本美月ちゃんがちょっと幼く見えちゃったかな。設定を見るとディーンさんと3歳ぐらいしか離れていないんだけど、どうしても妹っぽさを感じてしまい…。



犬山 確かに。2話以降、より大人っぽさが見えるといいですよね。あとは、もう10年以上、体型も顔も変わらずに渋い安定の高橋克典さんに加えて次回以降は高杉真宙くん、葉山奨之くんと注目の若手も出るようですよ!



猫田 本当にあらゆる世代の男性を楽しめるドラマだね(笑)。



亀井 私は、木下ほうかさんがすごくいい上司役で少し違和感。いつ意地悪な顔をするかとヒヤヒヤしていました(笑)。イメージを逆手にとった、この配役は好きですね。



犬山 今後、皆さんがディーンさんの役柄にどうからんでくるのか期待ですね!





■『愛は勝つ』に凄惨な投獄シーン…。気になりどころが満載!





猫田 全体的にはすごくおもしろかったんだけど、最初に『愛は勝つ』が流れたときは「えっ?ちょっと古くない?」って思っちゃった(笑)。



犬山 私たち世代にはドンピシャすぎて、逆に引いちゃいましたよね(笑)。でも、あの曲で幸せの絶頂を表して、最後の凄惨さとの落差を感じさせる演出だったんでしょうね。



猫田 全体的に、復讐に至るまでの、これまでの幸せな生活と投獄されてからの「落差」をすごく意識していたよね。ディーンさんが結婚式の途中で警察に連れて行かれた時に、つながれたイスを引きずって騒いでるのとか、ついクスッとしちゃったわ。まだ事の重大さがわかっていない様子で、滑稽さが出ていてよかった。



亀井 これからディーンさんは復讐していくわけですけど、今のところ高橋克典さんの役以外は、何をしたのかはっきりわからないですよね。大倉くんと新井さんも、陥れることをしたってことですよね?



犬山 こういう復讐劇で難しいなと思うのは、最初に誰が悪いか種明かししちゃうのがいいのかどうか、ですよね。前クールのドラマ『ファイナル・カット』みたいに、復讐する主人公が追っていく過程で、だんだんと真実が明らかになる方が、ミステリー要素が強くておもしろい気も…。



亀井 第1話を見る限りだと、高橋克典さん演じる刑事が真っ黒なのは明らかですもんね(笑)。まあ、その分、今後の見方として、復讐劇の方に集中できる気もしますけどね。



犬山 そしたら、私は大倉くんと新井さんの役の悪さも、もう少し1話で見せてほしかったかな…。恐らく手紙の密告の電話をしたのが彼らなんだろうけど。



猫田 あとさ、気になったのが、ディーンさんが投獄されている間、食料とかは与えてもらってたのかな?



亀井 そこですか(笑)!



犬山 生きているってことは、最低限の食料と水は与えられてますよね、きっと。私が気になるのは、こんな8年も閉じ込められて世間から離れていて、脱獄したら、突然、投資家になんてなれるのかな? ディーンさんの脱獄後の職業、投資家って書いてあるんですよ。まあ、それが2話以降、明らかになるのか。



亀井 いろいろ気になりますね。前も話しましたけど、私たちのいいドラマの基準として「ツッコミどころ、気になりどころが多いドラマは見たいドラマ」というのがあったと思うので、モンテ・クリスト伯は当てはまりますね!



犬山 本当だ!! これはもうハマっている証拠かも。



猫田 久々に本当の意味で「続きが気になる連ドラ」だと思うなぁ。原作はあるけどまるきり同じではないだろうし、先が予想できないから、2話以降も絶対見ます!








座談会メンバー


猫田(仮名)

44歳。ドラマ好きが高じてライターとなり、数多くの俳優、女優のインタビューを担当。“ミポリン世代”で青春時代は『すてきな片想い』、『君の瞳に恋してる!』など中山美穂主演ドラマに夢中に。マシンガントークの毒舌ライター。



犬山(仮名)

38歳。小学生からドラマを見続ける筋金入りのテレビっ子。高校時代に『ロングバケーション』を見てそのオシャレさに衝撃を受け、『ラブジェネレーション』、『HERO』を愛す“キムタク世代”。イケメンには目がなく、数々の若手俳優のインタビューを担当。



亀井(仮名)

36歳。元テレビ誌のライターで、数々のドラマ記事を担当。冷静沈着、情報通で特に脚本家に詳しく、2000年代のドラマはほぼ制覇。好きなドラマは杏主演の『デート〜恋とはどんなものかしら〜』、相葉雅紀主演の『ようこそ、わが家へ』など。


構成・文=野々山幸(TAPE)


■番組情報


『モンテ・クリスト伯』


<放送>



毎週木曜22時~


<出演>



ディーン・フジオカ

大倉忠義

山本美月



新井浩文



高橋克典




カテゴリ