せっかくの旅行が台無し!旅行中にケンカに発展しやすいとき3つ

せっかくの旅行が台無し!旅行中にケンカに発展しやすいとき3つ

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。


彼との素敵な思い出が増えるほど、2人の関係は深まっていくもの。


旅行などの『とっておきの思い出』になりやすいイベントはチャンスです。


ただ、旅行中はケンカになりやすい機会も増えてしまうんです。


せっかくの旅行の思い出がケンカで苦々しいものにならないように、今回は“旅行中のケンカに発展しやすいとき”をお伝えします。



■1、渋滞にハマったとき


ドライブで渋滞にハマったとき。


渋滞だけでもウンザリしますが、それだけでなく何か負の要素が足されるとケンカになりやすいです。


例えば、空腹や、喉が渇いているのに飲物を切らしている等。


また、渋滞になるのがわかっているから彼は早く出発したがったのに、彼女はのんびりお土産を見ていて、結果的に渋滞にハマってしまったというケース等も。


事前に、渋滞にハマらないようにスケジュールを組んだり、渋滞に備え楽しく過ごせる工夫をしておくのがケンカ回避にオススメです。


■2、過ごし方の違い


旅行中の過ごし方は人それぞれです。


「美味しいものを食べたい」という人もいれば、「食べ物は何でもいいから観光名所を巡りたい」という人、「あくせく観光するより、のんびりしたい」という人もいます。


例えば「旅行プランは彼におまかせ」と託した結果、観光名所をひたすら巡るけど、食事のことは調べてなくて「あの名物を食べたかったのに」なんて不満からケンカになることも。


旅行の計画段階で、お互いの要望を伝えあって譲れるところは譲り、楽しくすごせるようにしましょう。


■3、疲れと寝不足


旅行中はスケジュールの都合でどうしても寝不足になったり、疲労が溜まることもありますよね。


そんなときは要注意。自覚はなくても、ふだんよりもずっと『イライラしやすい』つまり、普段ならなんでもないことで堪忍袋の緒が切れてしまう状態なんです。


疲れの溜まりすぎと寝不足にならないようスケジュールに余裕を持たせ、ケンカを回避しましょう。


■おわりに


いかがでしたか?


旅行中は「せっかく来たのに」と特別感があるため、ささいなことからケンカになりやすいです。


今回ご紹介した3つのポイントは、事前に備えておくことで回避できますのでご参考にしていただければ幸いです。(森野ひなた/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ