舞台は映画の都 パワハラ社長を倒せ

舞台は映画の都 パワハラ社長を倒せ

4月30日(月)放送あらすじ


■コンフィデンスマンJP 第4話





ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。 看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。 しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。 俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。





俵屋をターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。 ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。



新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)は、俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画『用心棒大集合(仮)』への出資を持ちかける。 ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さなかった。








五十嵐(小手伸也)は、その理由を、映画が好きすぎるが故に足を踏み入れられないでいると分析した。 ダー子たちは、俵屋を京都の撮影所まで招き、主演女優の降板で出資者の一部が引き上げたなどとアピールしたものの、やはり俵屋を動かすことはできないでいた。

ダー子は、俵屋に二度の離婚歴があることをヒントに、ある作戦を思いつく。 そのために、再び『月刊キネマ新報』に、ダー子扮する中国の国民的女優マギー・リンの記事を載せ、俵屋に届けた。



スワンソンにやってきた俵屋は、ボクちゃんたちから、主演女優がマギー・リンになったと教えられる。 その際、ダー子は、撮影監督役の五十嵐との雑談に見せかけて、マギー・リンが惚れっぽい女性で、一番金を出した人間を好きになる、という噂話を俵屋に聞かせていた。





そんな中、マギー・リンが来日する。 空港までようすを見に行った俵屋は、その人気ぶりに圧倒される。 そのときマギーと目が合った俵屋は、彼女に魅了され、ついに出資を決意する。



俵屋は、出資する以上は自分自身も納得できる作品にしたいと、脚本に口を出し始める。 さらに俵屋は、撮影にも立ち会うと言い出し、クライマックスの合戦シーンにはエキストラとして俵屋フーズの社員を動員することにする。





実際に撮影するしかなくなったダー子たちは、大掛かりなロケを敢行した。 現場ではまるで監督のように振る舞う俵屋。 くノ一に扮したマギーが敵を切りまくるシーンでは、興奮した俵屋とボクちゃんが取っ組み合いになっていた。

そこで俵屋は、ワンシーンでいいから出演したいと言い出す。 俵屋は、家老役で渾身の演技を披露した。





撮影を終えたダー子たちは、ホテルに戻り、俵屋から3億円が振り込まれたことを確認する。 するとそこに、俵屋がやってきた。 「今後、この世界でやっていくなら私と仲良くなっておいた方がいい」。 そういって俵屋が誘ったのは、ダー子ではなく、ボクちゃんだった。



2ヵ月後、完成披露のプレミアム試写会が開かれる。 社員たちを引き連れてやってきた俵屋は、ボクちゃんと腕を組み、上機嫌でレッドカーペットを歩いた。



試写会のスタート直前、ダー子は、この映画は劇場公開ではなくネット配信だけだと俵屋に告げる。 『立ち上がれ、つわものどもよ』と題されたその作品は、宮下が自社の産地偽装を告発する映像に、家老役の俵屋のセリフを巧みに組み入れたものだった。





リチャードは、経費がかさみ赤字になったことをダー子たちに報告する。 俵屋フーズには捜査の手が入っていた。 そのとき、テレビから新作映画の予告が流れた。 それは、京都でボクちゃんたちからニセ台本を手に入れていた伊吹吾郎(伊吹吾郎)が、自ら主演して制作した『用心棒大集合』のもので……。




<放送日時>



2018年4月30日(月)21時~21時54分放送


<出演者>



長澤まさみ

東出昌大

小日向文世


カテゴリ