恋愛の勝敗を分ける!LINE返信4つの「タイミング戦略」

恋愛の勝敗を分ける!LINE返信4つの「タイミング戦略」

意中のカレからLINEが来ると、即レスしたい気持ちと、タイムラグを作って駆け引きしたい気持ちで揺れるのではないでしょうか。今回は、恋愛の勝敗を分けるLINEの返信術として、4つの「タイミング戦略」を紹介します。



①返信はマイペースすぎるくらいで丁度いい


好きな人とLINEをする時も、他の友達とLINEをする時と同じように、絶対にマイペースな返信をする! と心に決めておきましょう。


これで、恋の重大な障害である「重い女になるリスク」を大幅に減らすことができます。自分のペースで返信する人の気持ちがわかり、カレの返事がちょっとぐらい遅くても「今は忙しいんだな」と素直に思えるはず。不安な気持ちからの追撃メッセージを送らずに済みます。


恋に焦りは禁物です。仮にカレに恋していなかった場合、どんなタイミングで返信するかを思い出し、追いかけすぎない習慣、を作りましょう。


②即返事、間を開けて返事、をランダムに


意中のカレとLINEでやりとりする時、即返事、と、間を開けて返事、をランダムに織り交ぜましょう。


これには、相手に返信のタイミングを読ませない、という効果があります。


片思い時の不安の一つ「好きバレ後避けられる」というパターン。万が一カレに好意を感づかれても、方程式に当てはまらない女、でいることにより、逆に異性として意識させ、追わせることができるのです。


異性に好意を持つかどうかの決め手は、その異性の「脳内滞留時間」です。行動パターンが読めないな~、と気にさせ、カレの頭に棲み着く女になりましょう。


③既読マーク付けた後、間を置き返信


意中のカレからのメッセージをまず一度既読にします。そしてその後間を置いて返信する、という2段階のタイミング作戦を取ってみましょう。


カレに既読に関するルールに緩い人、と思わせることで、既読後の返信の遅延を許してもらえそうな気楽さを感じさせます。同時に、「エッ、もしや既読スルー!?」と思わせ、あなたの返事が待ち遠しい状態をも引き起こすことができます。


既読マーク後の返信遅延は愛し合う男女の信頼の証です。そんな関係を先取りしつつ、同時に返事が来ない違和感をちょっぴり感じさせ、意識させましょう。


④「必ず夜に返信」のパターンを崩す


カレに返信のタイミングを読ませないことの重要性は前述の通りです。逆に、一度「いつもだいたい○時頃返事来るなー」と思わせておいて、その予想を裏切るのも効果的です。その効果が最も高いのは、なんといっても「夜」です。


「今夜は誰かと一緒かなー、もしかして男性……?」と思わせることができます。自分とLINEでいい感じだったのに、他の男性の影がチラついた途端、カレはあなたのことをより強く意識するはずです。


必ず夜○時頃に返信、のパターンをたまに崩し、どこかに飛んで行ってしまいそうな女、を演出しましょう。


自由な女性と感じさせる間の取り方が重要


カレと他愛ない世間話でLINEやりとりをできる仲になったら、恋の進展は間近です。ただの友達で終わらせず恋仲になるために、返信の「間」の取り方の工夫で「自由な女性」と感じさせ、追わせましょう。(ちりゅうすずか/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ