『モンテ・クリスト伯』山本美月さんインタビュー

『モンテ・クリスト伯』山本美月さんインタビュー

毎週木曜22時から放送中!


ディーン・フジオカさんが実直な人間から復讐鬼と化し、自分を陥れた男たちに復讐を果たしていくノンストップ復讐劇『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』。先週・3日の第3話からいよいよ暖=真海(ディーンさん)の復讐譚に入りました。

暖の婚約者だった目黒すみれから15年後、人気俳優となった暖の親友・南条幸男(大倉忠義さん)と結婚し、一人娘の母親となって幸せな家庭生活を送っている料理研究家の南条すみれを演じる山本美月さん。お話をうかがってみました。





いろいろと手を尽くしたにも関わらず、すみれは暖を待てずに、南条幸男と結婚してしまいました…。


「結果的に待てませんでした。普通の話だったら主人公とヒロインがくっついてハッピーエンドになると思うんですけど、そこがリアルというか…。実際は15年も待てないよな…と、いう現実を、すみれが表現しているんだと感じました。すみれは、普通の人なんです。すごくいい子っていうわけでもなくて、きっと普通の女性だからこそ、15年も待てなかったんじゃないでしょうか…」





しかし、すみれは暖を完全に忘れてしまってはいない様子です。


「キレイに終わらなかった恋愛って、どこか心の中に残っている気がします。すみれも暖を嫌いになってさよならしたわけじゃないですから。暖が誰かに浮気したとか、すごく性格が合わなかったとか…そんな理由で別れていたら、全く心には残らないと思います。でも、今回の形では残ってしまうと思います」





真海となった暖と会ったすみれの気持ちは…。


「心のどこかで気づいているかもしれません。でも、はっきり暖だとは決めつけられないと思います。私も100%すみれがわかっているとは思えません。これから真海を試すようなこともするので…。100%の確信があれば試しませんよね? 自信がないから試すのでしょう。でも、すみれのその気持ちはいずれ確信に変わるかもしれませんね」





真海は幸男だけでなく、南条家に復讐の刃を向けています。すみれも、その対象になっているとしたら…。


「怖いけど、すみれはどこかで暖を信じている部分があります。昔の暖を知っていますからね。この先の台本がどうなるか? は、わからないんですけど、私は今のところ、すみれにそんな酷いことはしないだろうと思っています」



果たして、真海の復讐はどこまですみれに迫るのでしょうか? すみれは真海が暖だと確信することが出来るのでしょうか? 真海の抜かりない復讐への道のりはまだ始まったばかりです!


見逃し配信はコチラ


■番組情報


<タイトル>



木曜劇場『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分 放送中


<出演者>



ディーン・フジオカ 大倉忠義 山本美月 新井浩文 高橋克典 他




カテゴリ