名医の汚れた顔を暴け!!

名医の汚れた顔を暴け!!

5月7日(月)放送あらすじ


■コンフィデンスマンJP 第5話





ダー子(長澤まさみ)たちは、野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を新たなターゲットにする。 虫垂炎を起こしたリチャード(小日向文世)の手術を担当した同病院の外科医・田淵安晴(正名僕蔵)を、ナンシーがクビにしたのがきっかけだった。



芸能界で活躍した元モデルのナンシーは、開業医と玉の輿婚をした。 夫亡き後は病院の経営を引き継ぎ、知名度とイメージ戦略を駆使して成功を収めていた。 その中心にいるのが、ナンシーの息子でもある外科医の新琉(永井大)だった。 新琉は、困難な手術を次々と成功させ、若きスーパードクターとしてマスコミからも注目されていた。 だが、実は新琉の功績のほとんどはオペチームの他の医師によるもので、中でも特に難しい手術を手がけていたのが田淵だった。 ナンシーは、薄給に耐えかねて他の病院に移ろうとした田淵に激怒し、医療過誤をでっち上げて彼を医学界から締め出したのだ。








ナンシーたちが必死になって田淵の後任を探していると読んだダー子は、ボストンで名医と呼ばれる心臓外科医ドクター・デンプシーの指導を受けたという触れ込みでボクちゃん(東出昌大)を売り込む。 ボクちゃんは、通勤途中、階段で突き飛ばされて腕をケガしたことにして取り敢えず腕前を見せずに済むようにすると、ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたという情報をもとに、精密検査を受けるよう持ちかけた。 そして他人の検査データを利用し、ナンシーが胸部下行大動脈瘤に侵され、すぐにでも手術をする必要があると信じ込ませる。 しかしナンシーは、田淵を呼び戻すことはおろか、他の病院で手術を受けることも拒否し、ボクちゃんの恩師ドクター・デンプシーに執刀を依頼してほしいと言い出す。





そこでダー子は、自らドクター・デンプシーの愛弟子ドクター・ナオミ・ロックハートに扮し、デンプシーの代役でナンシーの手術をすると言い出す。 ダー子は、ナンシーに会い、報酬300万ドルの約束を取り付ける。



ナンシーの手術当日。 ボクちゃんは、第一手術室のモニタールームで手術を見守る新琉を騙すために、事前に作成しておいたDVDをつなげておく。 ところが、手術開始早々、DVDプレーヤーが壊れ、フェイク映像が流れなくなってしまう。 するとダー子は、「私、失敗しない気がする」と言い出し、手術を始めてしまう。 途中、大量の出血があり、ナンシーは危険な状態に。 たまらず手術室を飛び出し、新琉を呼びに行くボクちゃん。 するとそこには、病院から呼び出されたという田淵の姿もあった。





新琉は、田淵とともに第一手術室に入った。 新琉は、いままでのことを田淵に謝り、執刀を頼んだ。 しかし田淵は、ナンシーを引退させて自分を理事にしろ、などと条件を出す。 ボクちゃんは、そんな田淵を殴り飛ばした。

田淵が去った後、ボクちゃんは、死にかけている母を前にして動揺する新琉に、執刀するよう促した。 だが、新琉は無理だと言って逃げ出してしまう。

するとダー子は、五十嵐(小手伸也)らニセスタッフに撤収を指示した。 実はこの手術は、ハリウッドをうならせたという天才特殊造形師・ジョージ松原(山田孝之)が作った、医療ドラマ撮影用のリアルな装置を使ったものだった。








目を覚ましたナンシーは、ヘンな夢を見たと言い出す。 それは、ダー子たちが失敗してパニックになっているところに田淵と新琉が駆けつけるが、ふたりとも逃げ出してしまうと、ダー子たちが実はニセ医師だったことがわかって……という夢だったらしい。



手術前日、ボクちゃんとともにナンシーに会ったダー子は、田淵が腕は良くても人格に問題があったこと、そして本当は新琉にオペしてもらいたかったことを話していた。 新琉は優しすぎて人の命を預かる覚悟ができていないが、その気になればきっと変わると信じていたのだ。



ナンシーはダー子に300万ドルを振り込むと、病院経営から退く。 彼女の最後の仕事は、新琉を解雇し、医者をやめさせることだった。 新琉自身もそのつもりでいたという。 彼は以前からユーチューバーになりたかったらしい。

その際、ナンシーは、胸から腹部にかけて貼ってあった保護テープがはがれていることに気づき、実は手術を受けていなかったことを知って思わず笑いだす。



ダー子は、虫垂炎の手術後に性格が変わったリチャードのようすからヒントを得ていた。 実際、大きな手術などで死を強く意識する体験をすると、人生観が変わり、性格や生き方が変わる例もあるという。 息子への幻想を打ち砕いてあげれば病院を手放してもおかしくない――ダー子は、そうボクちゃんに告げた。 ダー子の計算に驚くボクちゃん。 それ以上にボクちゃんを驚かせていたのはリチャードの変わりようだった。 医学書にも「社会生活の中で抑え込んでいた本来の人格や欲望が現れることもある」とあったが、リチャードは若い女性にロープで縛られ、放置プレイをさせられて喜んでいた。 その話に食いついたダー子は、一緒にやるといって出ていってしまい……。


見逃し配信はコチラから


■番組概要


『コンフィデンスマンJP』



<放送日時>



2018年5月7日(月)21時~21時54分放送


<出演者>



長澤まさみ

東出昌大

小日向文世




カテゴリ