LINEがマメな男・おっくうな男の違いって?

LINEがマメな男・おっくうな男の違いって?

元カレはLINEをマメに送ってくれたけど、今度の彼はLINEを全然送ってくれない。


片思いのあの人は、LINEの返事が劇的に遅い……。でも男友達のあの彼はすぐに返してくれる。もう片思いの人はあきらめて、男友達のほうにアタックしたほうがいいかも……?そう考えてしまうこともあったり。


こんな風に、LINEのしかただけを見てみても男性には二種類ありますよね。

マメなのか面倒なのか、こちらに問題があるのかわからないけれど、この違いはどこから来るのでしょう?



マメ派とおっくう派


LINEに限らず、女性への連絡全般に関して、男性は大きくマメ派とおっくう派の二つに分けることができます。手紙や文章をサラッと書ける男がいるように、そうでない男もいる。社内文書は書けるけれど、個人的な文章は書けない男がいる。


メールの時代からマメな男もいれば、メールは面倒だけどLINEはそうでもないという男もいる。これは、性格と持って生まれた素質の違いです。


LINEをマメにしないのは、スマホを使うのが面倒だとかではありません。そういう男性でも仕事の連絡はすぐにしています。やはり、性格なのです。よく話す男もいれば無口な男もいる。それに似ています。


そしてよく話す男が無口な男より、相手の女性をより深く愛している……なんてことがないのと同じで、LINEをすぐ返すから愛情深いのではありません。マメさ加減は愛情の度合いには正比例しないのですね。ですから、あまり深刻に考えなくてもいいでしょう。


マメ男の謎


LINE


「マメなほうがモテると知っているからマメでいる」というパターンもありますが、こういう男性は、そもそもほとんどは連絡を苦と思わない性格です。


何につけてもマメなのか、LINEだけマメなのか、それはその人によって違います。


他のこともマメなら性格ですが、そういった根っからマメな性格の男性は、あまり多くはないでしょう。


「LINEだけマメ」なら女性の喜ぶツボを知っているのかもしれません。中には女性に「だけ」連絡がマメな男性もいたりするので、そんな男には要注意かも。


ごくごくまれにLINEが心から好きで、誰にでも即既読、即返信。そんな男性がいますが、変わり者の可能性が高いです。


おっくう男の謎


おっくうな男性は、LINEのやりとりがあまりにもおっくうすぎて恋を失ったことがあるはず。


でも、恋を失わずやってきたという場合は、元カノが連絡しなくても平気な人だったり、同じようにおっくうがっている女性だったり。そんな場合は恋を失うことも指摘されることもないので、とくに学習することもなくそのままでいます。


または、指摘されて責められたことがあっても、直しても性格なので改善できず、我慢ならなくなった彼女が去る……ということがあったかもしれません。


もし、最初の頃は頑張ってLINEを送ってきたところがあったなら「学習したけど性格なのでまた出てきてしまった」というところ。初期にそういう点が見えていたなら許してあげていいかもしれませんね。


連絡のマメさは恋愛で問題にならない


連絡がマメとかマメでないか。どちらにせよ、それほど恋愛で問題ではありません。おっくう男のほうが断然多いのです。マメなほうが「なぜマメなのか」と考えたほうが、彼の性格について、参考になることが見えてくるかもしれません。(たえなかすず/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ