片思いの彼をデートに誘うためのテクニック

片思いの彼をデートに誘うためのテクニック

片思いの彼をデートに誘う……とっても、勇気がいることですよね。


もし、相手もあなたに興味があるのなら、すんなり誘うことができると思いますが、片思いの場合って、たいていそうではないですよね。


相手が自分のことをどう思っているか分からない段階で誘うにはどうしたらいいのでしょうか。


今回は、片思いの彼をデートに誘う場合のテクニックをお伝えします。



1・ちょっとしたことで誘う


デートと言えば、イベントやコンサート、ディナーをイメージしますが、いきなりそこまで重いものに誘わなくてもいいのです。


片思いを失敗する人の特徴は、距離感の縮め方が下手なこと。


最初は、ランチやお茶でも全然構わないのです。


もしくは、もっと軽い「コンビニに一緒に行く」でもいいのです。ちょっとしたことから始めてみましょう。


2・男性が一緒じゃないと行きづらい場所に誘う


一番良いのは、男性が一緒じゃないと(女性一人では)行きづらい場所に誘うのがいいでしょう。


たとえばですが、競馬場に行きたい、新しいラーメン屋に行きたいなど、女性一人では普通行かないところにお願いして誘うのがいいですね。


3・どうにもならない理由を付けて誘う


たとえば、「一緒に食事に行く相手がドタキャンしたので、探している」や、「今日までのイベントだから一緒に行かない?」など、


相手が「仕方ないなあ」とちょっと思ってしまう理由で誘うのがいいと思います。


この時点では「あなたのことに興味がある」ということは無いので、「仕方ない、付き合ってやるかあ」というモチベーションを与えるほうがいいでしょう。


相手が期待していないほうが、デートのときに意外性を与えられていいのです。


4・相手が喜ぶことで誘う


相手の趣味などをまずは事前に調べてみましょう。


たとえば、あるアーティストが好きならライブに誘ってみるのもいいですし、もっとライトな「焼肉が好き」のように好物を一緒に食べに行くでもいいでしょう。


そのためには普段の会話を大事にすることが大切。


「そういえば、◯◯さん、あれ好きだったよね、一緒に行かない?」と言える関係性を普段から作っておきましょう。


*


いかがでしたか?


共通して言えるのは「相手の精神的負担になる誘い方」は止めようということ。


「あれ、この子めちゃ誘ってる?」と思われると警戒されてしまいます。


そして、距離感はじょじょに縮めていきましょう。


いきなりデートに誘われても相手は困ってしまうだけですから。


思い詰めないようにするためにも、日頃から少しづつ接している状態を作りましょう。


(愛カツ編集部)


カテゴリ