ハイスペック男子が「この子と一緒にいたい」と感じる女性の特徴5つ

ハイスペック男子が「この子と一緒にいたい」と感じる女性の特徴5つ

【恋愛コラム/モデルプレス】仕事も家事も完璧で性格も良くイケメン…。そんなハイスペック男子と付き合いたい女性は多いはず。しかし「自分なんかじゃ無理だろう」と、諦めている人も多いでしょう。諦めなくて大丈夫!ハイスペック男子はどんな女性と一緒にいたいと感じるのか、お話をお伺いしてまとめてみました。

♥ハイスペック男子は癒し系に弱い

「仕事や人間関係で緊張している事が多いので、彼女には癒しを求めることが多いかもしれません。せめて休日や家にいる時は優しくされたいです。だからおっとりしていて、癒し系の女性に惹かれやすいですね。のんびり付き合ってくれるのもポイントが高いです」(29歳/金融)

毎日仕事や人付き合いで動き回っているハイスペック男子は、疲れている人も多いのが事実。

そんなハイスペック男子を癒すことが出来るおっとりした女性は、ハイスペック男子に人気なタイプと言えるでしょう。

激務で疲れ切っているハイスペック男子を癒して、手放したくないと思わせる女性になりましょう。

♥家事が得意で生活を任せることが出来る女性

「自分でも家事はするのだけど、やはり仕事が忙しくて疎かになってしまうことがある。だから、家事が得意で家を任せられるような女性が理想的。もちろん家政婦のように扱いたいわけではなく、付き合うなら結婚を視野に入れたいから仕事が安心して出来る女性が良いかなと」(26歳/自営業)

ハイスペック男子は家事も自分でこなせる人が多いですが、どうしても仕事でそれが疎かになってしまうことがあります。

そのため、結婚を視野に入れているハイスペック男子ほど、家事能力のある女性を求めるのかもしれません。

全ての家事を完璧にこなす…のは難しいので“程々に”こなせる力をつけておくようにすると良いでしょう。

♥ポジティブな性格もハイスペック男子には魅力的

「付き合うならポジティブでいつも笑顔の女性が良いかな。そういう女性と一緒にいると元気になれるし、仕事も頑張ろうと思えるから。ネガティブな女性はこちらまで気持ちが暗くなってしまうからね。笑顔で『大丈夫だよ』って言ってくれるような女性が素敵だと思う」(34歳/歯科医師)

明るくポジティブな女性も、ハイスペック男子からは人気が高いようです。

ネガティブで暗い女性と一緒にいても、前向きな気持ちになりませんからハイスペック男子は避けたくなってしまうでしょう。

色々と忙しいがゆえに、ネガティブな女性のことを気にする余裕がなくなる時期もあるため、できるだけポジティブでいて欲しいというのが本音なのかも…。

♥自立している女性でなければダメ

「いつも彼氏にベッタリで一人では何も出来ないという感じの女性はちょっと勘弁ですね。仕事柄出張も多くなかなか会えないことも多いので、そういう時でも大丈夫だと言ってくれるような自立した女性が良いです。もし結婚してもある程度お互いに自立していないと成り立たないと思います」(29歳/バイヤー)

仕事で会えないことも多いハイスペック男子は、彼女も自立している人が良いと考える傾向にあるようです。

男性といつも一緒にいないと寂しい…というタイプの女性は、ハイスペック男子と付き合うと少々苦い思いをしてしまうかもしれません。

彼となかなか会えない時間を、自分なりに有意義に使えるという女性はハイスペック男子を狙ってみては。

♥自分でも夢や目標を持っていることも大切

「私は夢や目標を持っている女性が好きですかね。男性を支えるというのも素晴らしいとは思うんですが、私から見るとそれが本当に楽しいの?と思ってしまって不安になるので。お互いに夢があれば応援し合って助け合って行ける気がしますから」(35歳/商社)

ハイスペック男子の多くや夢や目標、野望を持っている人が多いので女性にも同じように夢を持っていることを求める人もいます。

同じように頑張るということで、切磋琢磨出来る相手の方が付き合っていても楽しいと感じるからと言えるでしょう。

別々の目標であっても一緒に努力をすることで、お互いの絆が深まるということありますからね。

いかがでしたか?

ハイスペック男子と付き合うためには、女性もそれなりに努力が出来なければいけないのかもしれません。

何も努力せずにハイスペック男子と付き合うのはほぼ無理だと考え、本気で狙うのなら自分を変えてみると良いでしょう。

もちろん付き合ってからもある程度努力し続けることが大切なので、自分がハイスペック男子と本当に付き合えるか、それだけの器量を持っているかなど色々と冷静に考えてから、ハイスペック男子を狙ってみた方が得策かもしれませんね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ