男心をくすぐれ!男子が言われると喜ぶフレーズ3選

男心をくすぐれ!男子が言われると喜ぶフレーズ3選

普段男性と話す時、相手が喜ぶかどうかを考えて発言していますか?


もししていないのであれば、女子力を高めるためにもぜひやりましょう。


男性は結構単純なので、言葉を選ぶことで簡単にヨイショすることも可能です。


今回は、男子が喜ぶフレーズを3つご紹介しましょう。



「イケメンですね!」


こちらは定番の褒め言葉です。


「イケメン」と言うと、通常は「顔がハンサムな男性」を指しますが、そういう意味で使うわけではありません。


顔に限らず、言動や行動においても「イケている」と思った時に使われます。


要は「カッコイイ!」と同じような使い方だという認識で問題ありません。


「カッコイイって褒められると、オレってイケてるって気分になれるんですよ。お世辞かもしれないのはわかってるんですけど、それでも言われたら嬉しいもんですよ。」(30代男性・会社員)


もちろん「カッコイイ!」という言葉も、男性にとっては嬉しいフレーズですが、こちらは少々ありきたりですね。


ここは少し親しみも込めて「イケメンですね!」を活用してみましょう。


色々な場面で使える汎用性の高いフレーズです。


「センス良いですね!」


「デート中に腕時計のセンスをほめられてうれしかった。自分でも気に入っているものなので」という声があるように、センスを褒められると嬉しいですよね。


センスと言っても色々ありますが、最も褒めやすいセンスは「ファッションセンス」でしょう。


男性の場合、女性に比べてオシャレに疎い人が多いので、男性同士でセンスを褒め合う機会が少ないのです。


従ってオシャレに気を使っている男性は、女性からセンスを褒められるととても喜びます。


たとえ男性のファッションのことはよく判らなくても、ダサいと思わなければ、どんどん褒めていきましょう。


「こだわってますね!」


「自分が古風で独特の価値観を持っているため、周りの20代となじめない部分があったが、女友達から褒められたときはうれしかった」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)


人とは違う感性を持っていると、周囲と合わなくて孤独になってしまうもの。


しかし独特の価値観や自分だけのこだわりは、その人のアイデンティティーでもあります。


人には理解して貰えなかった感性を誰かに褒められたら、きっとあなたはその人に「自分の良き理解者」として認識されるはずです。


褒めフレーズを使いこなそう!


褒め言葉は、使いどころさえ押さえれば難しくありません。


男性が喜ぶフレーズはまだまだ沢山ありますから、どんどん覚えてどんどん使いましょう。


話していて楽しい女性になれば、きっと男性からモテるはずです。(水林ゆづる/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ