彼女はもう死んだ…惜別の夜、真の悪魔が覚醒する

彼女はもう死んだ…惜別の夜、真の悪魔が覚醒する

5月17日(木)放送あらすじ


■モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 第5話





実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安堂完治(葉山奨之)と結びつけた。

真海の次なる一手は、入間公平(高橋克典)に向けられる。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は入間が自ら選んだ、娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。それは入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。





一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。守尾信一朗(高杉真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。

未蘭が帰宅すると出口が来ていた。入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。出口は真海に成り行きを報告。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると教えた。





一方、南条すみれ(山本美月)は真海と暖の関係に疑問を持ち始めていた。真海の別荘を訪ねたが、門前払いとなったすみれは神楽と会う。すみれは、真海のパーティーに幸男(大倉忠義)、神楽、入間という、かつて暖と関係が深かった人物が呼ばれたことも不思議だった。だが、神楽には幸男との仲を揶揄され、あしらわれてしまう。そんな2人の様子を江田愛梨(桜井ユキ)が盗聴していた。別荘に戻った愛梨は、なぜすみれを避けているかを問うが、真海は答えず、出しておいて欲しいと手紙を渡す。





出口が再び入間家を訪ねた夜、真海は入間と瑛理奈(山口紗弥加)夫婦を別荘に招いた。出口に貞吉の殺害を実行させるためだ。だが、そこに愛梨から連絡を受けたとすみれまで来てしまう。平静を装うが心穏やかではいられない真海。すみれは真海と2人きりになると、結婚を考えたことがあるかと尋ねてきた。苦しくもかつて結婚しようと思ったが、長い旅の後に戻るとその女性は他の男と結婚していたと答える真海。そして、その女性は死んだと思うことにしたと続けた。すみれが自身の話をしようとすると真海は遮った。そんな時、入間の携帯が着信。未蘭からだった…。





入間と瑛理奈が病院に駆けつけると、死んだのは出口だった。出口を診た医師は入間に前妻が亡くなった時と似ていると事件性を指摘。だが、入間は自分の家でそんなことは起こらないと否定する。帰宅した入間は、貞吉が出口を殺害したと疑っていた。





その頃、真海は愛梨から出口が死んだと報告を受ける。愛梨が出口を殺したのは貞吉かと聞くと、真海は否定する。実は、入間の前妻を殺害したのは瑛理奈だった。その殺害を知っているので貞吉を殺害して欲しいと、真海は出口名義で瑛理奈に脅迫まがいの手紙を送りつけていた。つまり瑛理奈は、自分の過去を知る出口を毒殺したというわけだった。これで、入間家が崩壊するという真海は、次のターゲットは幸男だと愛梨に話す。


見逃し配信はコチラ


■番組情報


<タイトル>



『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』


<放送日時>



2018年5月17日(木)22時~22時54分放送


<出演者>



ディーン・フジオカ 大倉忠義 山本美月 新井浩文 高橋克典 他




カテゴリ