気を付けて!「男性が喜ぶ涙、ドン引きする涙」の違い

気を付けて!「男性が喜ぶ涙、ドン引きする涙」の違い

辛いとき、悲しいとき、嬉しいとき…思わず涙が出てしまうということは多々ありますよね。


女性がポロポロと涙を流しているのを見ると、つい守ってあげたくなる男性が多くいるようですが、女性側としては自分が泣いているのはあまり人に見られたくないですよね。


さらに、泣き方によってはその姿を見て男性が引いてしまうということもあるようで、なかなか素直に涙を見せられないというのが現状なようです。


では、男性が喜ぶ涙、ドン引きする涙、の違いを見ていきましょう。



■泣くのを我慢している


泣きたいけど恥ずかしい、負けたみたいで悔しいなど、涙が出るのをどうにか食い止めようとする女性は多いですよね。


特に男性の前で泣くのは、いかにも狙っている感じがして絶対に嫌だと思っている女性もいるのではないでしょうか。


しかし、必死に涙をこらえている女性の姿に、男性は思わずキュンとするんだとか。


普段は強がっている女性が、自分の前で涙を見せるということにギャップと感じるのと同時に、心を開いてくれていると嬉しく思うのですね。


逆に、声を出して取り乱し泣きをしている女性の姿を見たときはガッカリ。


自分に素直になるのは良いことですが、子どもみたいな泣きじゃくり方はしないよう、十分に気を付けましょうね。


■うれし涙は男性もほっこり


嬉しくて流す涙は温かな涙。


男性もうれし涙を流している女性を見ると自然と温かな気持ちになります。


それが、 自分がしたサプライズやプレゼントに対しての涙であればなおさら。


相手の性格によっては、あなたのうれし涙につられて一緒になって涙を流す男性もいることでしょう。


辛い涙を流している女性よりも、嬉しい涙を流している女性の方が表情も柔らかで魅力的ですよね。


笑っているのか泣いているのか…と自分でもよくわからない状態になっているのかもしれませんが、あなたのその姿は他人の心までも癒す効果があるのです。


■隠れて流す涙


誰にも泣いている姿を見られたくなくて、そっと隠れて泣くこともありますよね。


人前ではいつも笑顔が絶えない人に、特に多くみられる行動ではないでしょうか。


笑顔が多い人も陰ではそっと泣いている…そんな健気な姿を見てしまった男性は、つい守ってあげたいと思ってしまうのですね。


しかし、いくら陰で泣いていたとしても積もり積もったストレスが爆発して泣きわめいてしまうのは絶対NG!


「わたしだっていつも頑張ってるのに!」なんて泣きわめいてる姿を見られたら、『爆発する前にひと言言ってくれればいいのに…』と見なかったフリをされてしまいます。


もしあなたがストレスで大声を出したくなったら、カラオケや自宅で発散するようにしましょう。


女の武器は使いどころを考えて


いかがでしたか?


涙は女性の武器とも言います。


以前は涙を見せて男性にアピールをしていたのかもしれませんが、あまりにその印象が強すきて、今では男性の前で涙を見せるのは媚びを売っていると見られてしまうことも多いです。


簡単に弱音を吐けなくなった、甘えられなくなったという女性が増えたのも、社会に女性が出るようになり、1人で生きていかなければいけなくなってきた結果と言えるのかもしれませんね。


(きえお/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ