東方神起・チャンミン、少女時代らが集結 ユンホへの思いを語る

東方神起・チャンミン、少女時代らが集結 ユンホへの思いを語る

【モデルプレス】東方神起・チャンミン、少女時代、BoA、SUPER JUNIOR、SHINee、EXOといった人気アーティストが集結したアジア最大級の音楽フェスティバル「SMTOWN LIVE IV in JAPAN Special Edition」が25日、26日の2日間に渡り、大阪・京セラドーム大阪で開催された。

韓国の大手芸能事務所「S.M.ENTERTAINMENT」に所属するアーティストが集結した同イベントは、5、6日に東京ドームでも開催し、10万人を動員。初開催となった京セラドーム大阪での公演は2日間で9万人を動員した。

◆スペシャルコラボ多数のステージ

同イベントは、人気アーティストそれぞれのパフォーマンスに加え、ライブ限定のスペシャルコラボも最大の特徴。美しいハーモニーが印象的だったカンタとジェイミンによるデュエット「Endless Love」やアンバー(f(x))のシャープなラップにテヨン(少女時代)のセクシーな歌声がからむ「SHAKE THAT BRASS」、SHINeeのテミンとEXOのカイによるスリリングなダンスチューン「Pretty Boy」、SUPER JUNIORのイェソンとEXOのベッキョンがしっとり歌い上げた日本の名曲「夏の終わりのハーモニー」などバラエティに富んだ内容に。

パートナーのユンホが入隊したため、今回は単独での参加となった東方神起のチャンミンも、このスペシャルユニットで活躍。今やSMTOWN LIVEの定番になりつつある「いちご」では、SUPER JUNIORのキュヒョンといちごのかぶりもので登場。キュートかつユーモラスに歌い踊ったかと思えば、今度は缶詰のかぶりもので、サバのかぶりものをしたEXOのシウミンと韓国のアーティスト・NORAZOの楽曲「サバ」をパフォーマンス。ハイテンションな2人のパフォーマンスでイベントを盛り上げた。

ソロステージでは、グループとしての活動だけではなく、ソロデビューも果たしているSUPER JUNIOR-MのヘンリーやSHINeeのジョンヒョン、テミン、SUPRE JUNIORのキュヒョンらが見事な歌唱力を披露。ダンススキルに定評のあるルナ(f(x))、セフン(EXO)、ウニョク(SJ)、ヒョヨン(少女時代)、カイ(EXO)らは、それぞれ個性溢れるダンスで観客を魅了した。またチャンミンは、以前、東方神起のツアーでもソロ曲として選んだことのあるX JAPANの「Rusty nail」を披露。伸びのあるハイトーンボイスを会場に響かせた。

◆チャンミン、ユンホへの思いを語る

東方神起の楽曲も今回はコラボで披露。キー(SHINee)、スホ、シウミン、ベッキョン(EXO)と歌った「We Are!」「Somebody To Love」では客席をヒートアップさせ、「呪文(Mirotic)」では、キー、テミン(SHINee)と圧巻のパフォーマンスを披露。さらに「Bolero」は、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、チェン(EXO)とドラマチックに歌い上げた。

楽曲披露の前のMCでは、「みなさんもご存知だと思いますけど、ユノはやるべきことをしに行っちゃいました。僕も、すぐに行く予定です。だから、今回の京セラドームは個人的に特別なステージ。だって、20代のチャンミンにとって最後のドームでのステージになるので、楽しい思い出を作りたかったんです。こんなに温かい大阪に約2年くらい来られないのはすごく寂しいですけど、必ず東方神起の2人で、またこのステージに立ちたいです」と誓っていたチャンミン。この日も何度もファンと一緒に「We Are T!」と叫ぶことで、東方神起への愛と今はこの場にいないユンホへの想いを表現していた。

約4時間半に及んだライブは、SMTOWN LIVEのテーマソング「HOPE」をアーティスト全員で歌唱し終了。MCに関西弁を取り入れるなど大阪公演ならではの工夫も見せ、初の京セラドーム公演は熱狂の中で幕を閉じた。(modelpress編集部)
カテゴリ