手放したことを後悔する…「別れ際に見せるべき本当のイイ女」像とは

手放したことを後悔する…「別れ際に見せるべき本当のイイ女」像とは

あなたは、元カレに別れたことを後悔させることができますか?


振ったにしろ振られたにしろ、別れて良かったと思われるような女でいたくはないですよね。


では、どのような女性が“本当のイイ女”と思わせることができるのでしょうか。



■いつも笑顔


いつも笑顔でいる女性は場を明るくしてくれますよね。


なおかつポジティブな空気を漂わせることで、必然的に流れを良い方向へ導いていけるラッキーガールであったりもします。


そんな女性でも、大好きな彼氏と別れるときはホロリと涙してしまうことがあるかもしれません。


しかしさすがはイイ女!


最初は泣いていたとしても、別れ際にはいつもの笑顔で「今までありがとう」と言える広い心を持ち合わせているのです。


別れ際にそんな顔をされたら、男性は忘れられるわけがありませんよね。


何かの拍子でふと思い出すあなたの顔は、いつもの笑顔であること間違いなし。


その笑顔で支えてくれていた女性と別れてしまったことを、心底後悔することでしょう。


■妥協できる


男性、女性に関わらず、ケンカしても絶対に謝らないという人は意外と多いですよね。


意地でも謝らない、向こうが謝って来たらしぶしぶ対応するなんてことをしているようでは子どもっぽいと言われても致し方ありません。


逆に、相手の気持ちを考え、こちらに非がなくても多少譲渡できる心持ちの女性はとても余裕のある大人な女だと感じられます。


彼との意見がどうしても合わなかったらこちらが妥協して少し歩み寄るという方法が、1番丸く収まるということを知っているのですね。


しかしこれは、女性が妥協できる問題であったから成り立っていたもの。


ある程度のことは妥協できても、「これだけは絶対ムリ」と思うものの1つや2つありますよね。


その問題に直面したとき、このカップルは破局を迎えてしまうのです。


しかし、もしケンカ別れとなってしまっても、最後に会うときにはまたきっとこちらが妥協し、さよならの挨拶をするのでしょう。


彼は女性が妥協してくれるのが当たり前すぎて、そのありがたさになかなか気付けないことと思います。


違う女性と付き合った後、初めて妥協してもらえていたことに気付くのです。


■さりげない気遣いができる


女性たるもの、さりげない気遣いができるかどうかは、恋愛だけではなく結婚するうえでも重要になってきますよね。


そのため、多くの女性が自分なりの気遣いの仕方を勉強していることと思います。


男性も、気遣いについては多くの女性が調べ、実践していることを知っているためなのか、「気遣いが出来ない女は論外」とまで思っている人もいるほど。


しかし、ひと口に“気遣い”と言っても、周りに対して気を回し過ぎてしまうのは本当の気遣いとは言えません。


中には押しつけがまく、やってあげているという感覚の女性もいるのです。


“気遣い”と“お節介”とは紙一重。


本当の気遣いができる女性は、自分が振られた場合でも、彼が後ろ髪引かれることなく別れられるよう、気持ちを切り替えてきてくれます。


「じゃ、カラダには気を付けてね。バイバイ」と挨拶もあっさり終わらせることで、男性に罪悪感を与えないようにしているのですね。


これに気付くことができるのも、別れてしまった後の場合がほとんどなのです。


いかがでしたか?


「あいつ、イイ女だったな~」と、手放したことを後悔する女でいるためには、とにかく広い心と、物事に対して柔軟に対応できる力を身に着けること。


そして、それを最後まで貫き通すことが大切です。


上記のことを参考にし、あなたも今日から“イイ女”になってしまいましょう!


カテゴリ